無料アンチウイルス ウイルス対策フリーソフト

無料アンチウイルス ウイルス対策フリーソフト

アフィリエイト,お金,稼ぐ,インターネットビジネス,投資,ウイルス

インターネットビジネスは、パソコンとインターネット環境があれば、誰でも手軽に始められるのが魅力です。

 

 

しかし、逆をいえば、インターネットビジネスは、パソコンへの依存度が高いということがいえます。

 

 

パソコンの一番の脅威は、コンピューターウイルスです。

 

 

コンピューターウイルスからパソコンを守るために、アンチウイルスソフトやウイルス対策ソフトの利用を強くおすすめします。


コンピュータウイルスとは

コンピュータウイルスとは、
電子メールやホームページ閲覧などによって
コンピュータに侵入する特殊なプログラムのことです。

 

 

 

 

以前は、外部メディアを介して感染するタイプのウイルスがほとんどでしたが、
最近はインターネットの普及に伴い、
電子メールをプレビューしただけで感染するものや、
ホームページを閲覧しただけで感染するものが増えてきています。

 

 

 

 

インターネット利用者の増加や
常時接続回線が普及してきたことで、
ウイルスの増殖する速度が速くなってきています。

 

 

 

 

ウイルスの中には、
何らかのメッセージや画像を表示するだけのものもありますが、
危険度が高いものの中には、
ハードディスクに格納されているファイルを消去したり、
コンピュータが起動できないようにしたり、
パスワードなどのデータを外部に自動的に送信したりするタイプのウイルスもあります。

 

 

 

 

そして、何よりも大きな特徴としては、「ウイルス」という名前からも分かるように、
多くのコンピュータウイルスは増殖するための仕組みを持っています。

 

 

 

 

たとえば、コンピュータ内のファイルに自動的に感染したり、
ネットワークに接続している他のコンピュータのファイルに
自動的に感染したりするなどの方法で自己増殖します。

 

 

 

 

最近はコンピュータに登録されている電子メールのアドレス帳や
過去の電子メールの送受信の履歴を利用して、
自動的にウイルス付きの電子メールを送信するものも多く、
世界中にウイルスが蔓延する大きな原因となっています。

 

 

 

 

ウイルスに感染しないようにするためには、アンチウイルスソフト、
ウイルス対策ソフトを導入する必要があります。

 

 

 

 

また、常に最新のウイルスに対応できるように、
インターネットなどでウイルス検知用データを
常時更新しておく必要があります。

コンピュータウイルスの種類

コンピュータウイルスは、実に様々な種類があります。

 

 

 

 

ここでは、コンピュータウイルスの種類について
大まかに分類して説明します。

 

 

 

 

ワーム型コンピュータウイルス

 

 

コンピュータウイルス自身が独立して実行可能なプログラムであるため、
あるシステムからあるシステムに感染しようとする時に
宿主となるファイルを必要としないタイプのコンピュータウイルスです。

 

 

 

 

ネットワークを介して、
攻撃先のシステムのセキュリティホールを悪用して侵入する事が多いです。

 

 

 

 

あるシステムに感染して定住しようとする場合は、
システム内に宿主となるファイル類が必要なため、
「ワームウイルス」と呼ばれる事もあります。

 

 

 

 

この場合は、アンチウイルスソフトやウイルス対策ソフトを使うことにより、
対策することが可能です。

 

 

 

 

トロイの木馬型コンピュータウイルス

 

 

一見有用なアプリケーションなのですが、
その一部にコンピュータのデータを盗み出す等
他の不正な動作をさせる機能を備えたコンピュータウイルスです。

 

 

 

 

ユーザが自らの意思でインストールしてしまうことになりますが、
利用規約にコンピュータの情報を集めて
ベンダに送信することを示しているソフトウェアもあり、
どこまでがトロイの木馬なのか明確な基準はありません。

 

 

 

 

破壊目的ではなく、情報を集めることが目的のトロイの木馬は
「スパイウェア」とも呼ばれウイルスと区別されることもあります。

 

 

 

 

2005年日本国内でも、不正ソフトウェアを仕込んだCD-Rを、
正当な送り主(銀行)を偽装してネットバンキングサービスのユーザに送りつけ、
不正送金を実行させた事件が発生しました。

 

 

 

 

一部マスメディアではスパイウェアだとして報道されていますが、
有用なソフトウェアであるかのように見せ掛けて
インストールした事からトロイの木馬に近いコンピュータウイルスです。

 

 

 

 

また2005年11月、ソニーの関連会社SonyBMGが、
音楽CDの一種コピーコントロールCDに
高度なルートキットを仕込んだとして問題になりました。

 

 

 

 

これらの対策については、OSの設定で、
CD挿入時の自動再生を無効にする必要があります。

 

 

 

 

コンセプトウイルス

 

 

ある種のセキュリティホールの問題を提起するため、
技術的な実証実験に用いられるコンピュータウイルスです。

 

 

 

 

ハードディスクの内容を変更したり、データを消したりといった、
危険な挙動はしないのですが、
コンピュータに存在するセキュリティホールを利用して感染拡大します。

 

 

 

 

技術的な問題点を知らしめるために、
匿名の技術者が故意に漏洩させたり、
一部のコンピュータウイルス製作者が、
蔓延するかどうかを試す際に
インターネット上で無差別に撒き散らされたりする事もありますが、
稀に技術試験的な意味合いで製作された物が、
予期せずインターネット上に流布されてしまう事があります。

 

 

 

 

危険な挙動はしないとはいっても、リバースエンジニアリングによって、
後から他のクラッカーなどにより、
危険な機能を追加されて再配布される事もあり、
これらコンセプトウイルスに感染し得るコンピュータは、
更に悪質なウイルスに感染し易いといえます。

 

 

 

 

ロジックボム(爆弾)

 

 

指定時刻の到来など、
システム上における条件が満たされると
自動的に動作を開始するコンピュータウイルスです。

 

 

 

 

多くはデータの破壊・盗用などを行った後、
最終的に自分を消滅させます。

 

 

 

 

また、自滅の際に、あらかじめ搭載された
不正プログラムを拡散させるものもあり、
例としてチェルノブイリ (コンピュータウイルス)があります。

コンピュータウイルスの目的

くだらないメッセージを表示して世間を騒がせて目立つという、
愉快犯的な目的で作られたと思われるコンピュータウイルスも多いです。

 

 

 

 

ハードディスクをフォーマットしたり、
BIOSを書き換えたりされてコンピュータが起動しなくなることもありますが、
データのバックアップを取っていれば修復は可能です。

 

 

 

 

しかし、中にはコンピュータに侵入してパスワードやデータを盗み出したり、
バックドアを作成してコンピュータの制御を奪ったりしてしまうような
悪質な目的のコンピュータウイルスも存在します。

 

 

 

 

派手に騒ぎ立てるようなウイルスは発見が早いですが、
こっそりと活動し微妙な改変を加えるようなものは
発見が難しく対処が遅れることもあります。

 

 

 

 

ウイルスの作成自体は高度な技術がなくても可能です。

 

 

 

 

スクリプトで作成したウイルスは改変が容易で、
またオープンソースのものや多くのプラットフォームで動作可能のため、
多くの亜種が登場しています。

 

 

 

 

特定のメーカーのソフトウェアを標的にして、
そのソフトウェアの信用を失墜させようとしていると思われるウイルスもあります。

 

 

 

 

近年では、別の目的のための手段としての
コンピュータウイルスの利用が見られます。。

 

 

 

 

一種のP2P用ネットワーク(ボットネット)を形成する事で、
感染したコンピュータの情報を盗んだり、
DoS攻撃やスパムの発信プラットフォームとする物を
製作・流布させたりするグループも幾つか確認されています。

 

 

 

 

金銭目的の犯罪の道具として使われる点で、
同じ目的のスパイウェアやマルウェアとの垣根も低くなってきている。

 

 

 

 

最近の例では有益なツールとされるもの
(主にP2Pネットワークを媒介とし、感染者のパソコンをサーバ化し
HDD内のデータやスクリーンショットして
アップロードするウイルスの感染者を探し出すためのツール)に
ウイルスが含まれていたことがありました。

 

 

 

 

ウイルスの亜種がインターネット掲示板にホスト名を公開しながら
犯罪予告をする等の動作を行うため、一部で話題になりました。(山田オルタナティブ)。

コンピュータウイルスの感染経路

ネットワーク普及以前は、
フロッピーディスクなどの外部メディアにより感染が広がりました。

 

 

 

 

書籍や雑誌の付録として付いていた
フロッピーディスクにウイルスが含まれていた事例もあります。

 

 

 

 

現在ではネットワークソフトウェアのセキュリティホールを使って感染するもの、
電子メールの添付ファイルを使って感染するものなどがあります。

 

 

 

 

簡単に自身の複製をばら撒けるため、
現在では電子メールによる感染がほとんどです。

 

 

 

 

LANケーブルを抜くなど、
ネットワークから物理的に隔離してしまえば
感染が広がるのを確実に防ぐことができます。

コンピュータウイルスの基本的対策

コンピュータウイルスの感染を防ぐには、
ウイルス対策ソフト(アンチウイルスソフト)の導入が
もっとも効果的かつ手軽な方法です。

 

 

 

 

ウイルス検出の方法にもよりますが、
ウイルス対策ソフトはウイルス検知用のデータがないと十分に機能しないので、
頻繁に定義ファイルをアップデートしなければ役に立ちません。

 

 

 

 

自動アップデート機能がついていれば、
自動的にウイルス対策ソフトの開発元のサーバから
ウイルス定義ファイルをダウンロードし更新してくれるので、
常時オンにしておきましょう。

 

 

 

 

できるならウイルス検出が出来るウェブサイトで検査し、
定期的にハードディスク全体をスキャンするのも良い方法です。

 

 

 

 

インターネットサービスプロバイダ(ISP)によっては、
個人・小規模ユーザ向けに、
メールゲートウェイ型のウイルスチェックサービスを提供しています。
(メールの送受信時に、ISPのサーバで添付ファイル等のウイルスチェックを行う。)

 

 

 

 

また、ルーター・ファイアウォール機といった通信のゲートウェイとなる機器に、
ウイルスや不正アクセスの検出・遮断機能を持たせる場合もあります。
(主に企業での接続の場合)

 

 

 

 

なおこれらの対策法は、それぞれサービスによって得手・不得手が異なり、
1つの対策法で全ての種類のコンピュータウイルスや不正アクセス等に
対応ができるわけではないため、
可能ならば複数の対策法を組み合わせて利用した方が良いです。
(対策法の詳細な技術的検討も必要です)

 

 

 

 

また、これらの対策法を導入しただけでは不十分であり、
パソコンユーザ自身が注意しなければならないことも多々あります。

コンピュータウイルス感染の予防法

コンピュータウイルスに感染しないため、
パソコンユーザが行うことの出来る予防法について説明します。

 

 

 

 

Eメールの添付ファイル

 

 

現在の多くのコンピュータウイルスは
Eメール経由で感染するため、
Eメールの添付ファイルは安易に開いてはなりません。

 

 

 

 

知らない相手から届いた添付ファイルは即削除するのはもちろん、
よく知った相手でも本文にファイルを添付した旨が書かれていない場合、
その添付ファイルは非常に危険です。

 

 

 

 

どちらにせよ、不審なファイルにはウイルスチェックを
十分に行うことが必要です。

 

 

 

 

電子メールクライアント(Eメール受信ソフト)で
HTMLメールを自動的に表示させると、
ブラウザのセキュリティホールを突かれる場合もあるので、
できればそのような機能はオフにした方が良いと思われます。

 

 

 

 

ActiveXやJava、JavaScriptの機能

 

 

Webブラウザやアドオン(拡張機能)の
セキュリティホールを突いて感染するウイルスもあります。

 

 

 

 

この場合サイトを閲覧しただけで
ウイルスに感染してしまう事もあります。

 

 

 

 

不審なサイトを閲覧する場合や閲覧に必要のない場合は、
ActiveXやJava、JavaScriptなどの機能は
無効にしておいたほうがより安全です。

 

 

 

 

そもそも不審なサイトにはアクセスしないようにすることが大切です。

 

 

 

 

 

「不審なサイトを訪問しない」と思っていても、
通常にアクセスするようなサイト(ポータルサイトなど)が、
クラックされて不正ソフトウェア類を
仕込まれた例もありますから注意してください。

 

 

 

 

ファイルやソフトウエア

 

 

他にも、ソフトウェアのセキュリティホールを塞ぐパッチ(修正プログラム)が
リリースされた場合はすぐにインストールすること、
OSに限らずなるべくソフトウェアのバージョンを最新に保つこと、
出所不明の怪しいソフトウェアは実行しないこと、
ウイルスに感染していないことが明確でないファイルは、
ウイルス対策ソフトで感染していないかスキャンすることなどが挙げられる。

 

 

 

 

ファイアウォール

 

 

ファイアーウォール(防火壁、Firewall)とは、
ある特定のコンピュータネットワークとその外部との通信を制御し、
内部のコンピュータネットワークの安全を維持することを目的とした
ソフトウェア(あるいはそのソフトウェアを搭載したハードウェア)の技術概念です。

 

 

 

 

不要なアプリケーションやサービスをアンインストールもしくは停止すること、
パーソナルファイアウォールを導入することなども
コンピュータウイルスの被害拡大を防ぐ上で効果があります。

 

 

 

 

なお、セキュリティホールを塞ぐパッチが出て
すぐにインストールするのは良いのですが、
そのパッチが原因で他の障害等を引き起こしてしまうこともままあるため、
パッチの適用にも細心の注意が必要です。

 

 

 

 

サーバ管理者やプロバイダ

 

 

たびたび特定のサーバやプロバイダから
ウイルスメールが送られてくる場合は、
そのサーバ管理者やそのプロバイダの利用者が
ウイルス対策を怠っている可能性があるので、
連絡を取ってウイルスを駆除するように要請しましょう。

 

 

 

 

個人レベルではウイルス対策ソフトのみでもかなり対処できますが
企業のネットワークでは被害に遭ったときの被害が甚大であり、
セキュリティの知識がある管理者が求められます。

 

 

 

 

ウイルス感染時の対策

 

 

 

どんなに予防していても、
コンピュータウイルスに感染する場合はあると思います。

 

 

 

 

もし感染してしまった場合は、
感染の拡大を防ぐため
すぐさま物理的にネットワークと切り離してください。
(LANケーブルを抜くなど)。

 

 

 

 

その後必要なファイルを適切な媒体に移して
別のパソコンでウイルススキャンを行って
ウイルスを取り除きます。

 

 

 

 

それでもウイルスが駆除できないようなら、
専門家に依頼してハードディスク・フラッシュメモリ、
その他記録可能な部分から全て検査し、
ウイルスを取り除いてもらってください。

 

 

 

 

最終手段としては、パソコンのハードディスク、フラッシュメモリなどの
記憶領域の内部のデータを完全に消去するか、
場合によってはハードディスクなどを換装した後
(メーカー製のパソコンの場合、保証対象外となるおそれがある)、
OSを再インストール(フルリカバリー)してください。

datarecoveryウイルスの駆除・削除・対策

私自身、ウイルスに感染したことがあり、
このアフィリエイトブログを作成していた途中、
「datarecovery」ウイルスに感染してしまいました。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスとは、偽パソコン診断ソフト型ウイルスで、
2012年1月には、「System Check」、3月には「SMART HDD」
(S.M.A.R.T. Repair、S.M.A.R.T. Check)、
5月には「Data Recovery」「DataRecovery」というように、
名前を変えながら猛威を振るっています。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスに感染した時期は、

 

 

 

 

パソコンのリカバリ作業に追われ、
アフィリエイトブログの更新が全然できませんでした(泣)

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスは、、
パソコン診断ツールを装った
詐欺プログラム型ウイルスであり、
感染すると、画面が真っ暗になって、
フォルダやファイルが全部見えなくなって、
ウインドウが多重起動し、
あたかもパソコンが壊れたような演出します。

 

 

 

 

そして、「datarecovery」という、
偽のパソコン診断ソフトが起動し、
「お金を払ったら直してあげるよ〜」
という甘い罠を仕掛けるわけです。

 

 

 

 

もし「datarecovery」ウイルスに感染したら、
絶対にその誘惑にのって、
クレジットカード情報を送信してはいけません。

 

 

 

 

クレジットカード情報を送信してしまうことにより、
購入代金がウイルス攻撃者の口座に入金され、
さらにはクレジットカード情報が悪用され、
さらなる被害を被る可能性があります。

 

 

 

 

落ち着いて対処することが肝心です。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスの駆除・削除や
感染しないための対策について説明します。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスの駆除・削除

 

 

私の場合は応急処置として、
まず消えてしまったかのように見える、
フォルダやファイルを可視状態に直しました。

 

 

 

 

方法は「プログラムとファイルの検索」に
「フォルダ」と入力して検索。

 

 

 

 

アフィリエイト,お金,稼ぐ,インターネットビジネス,投資,ウイルス

 

 

 

 

フォルダーオプションを選択。

 

 

 

 

アフィリエイト,お金,稼ぐ,インターネットビジネス,投資,ウイルス

 

 

 

 

フォルダーオプションの表示より、

 

「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」

 

を選択して、OKボタンを押せば表示されます。

 

 

 

 

アフィリエイト,お金,稼ぐ,インターネットビジネス,投資,ウイルス

 

 

 

 

表示されたら、重要なファイルを外付けハードディスクや、
USBメモリーに退避させてから、リカバリをかけます。

 

 

 

 

リカバリをしたくないのであれば、

 

Microsoft Safety Scanner

 

Dr.Web CureIt!

 

などのフリーソフトのウイルス駆除ツールを使って、
感染ファイルを削除する方法もありますが、
完全に削除されたか不安が残るので、
私的には、やはりリカバリすることをおすすめします。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスに感染しないための対策

 

 

一見安心に思える大企業や個人が運営してる
普通のホームページやブログでも、
ハッキングされた場合は、ブラウザでアクセスしただけで、
「datarecovery」ウイルスに感染する場合があります。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスが行うような攻撃を、
「ドライブバイ・ダウンロード」というらしいですが、
このようなウイルス攻撃は、アンチウイルスソフト、
ウイルス対策ソフトは役に立ちません。

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスに感染してしまったのは、
アンチウイルスソフトやウイルス対策ソフトに頼り切ってしまい、
肝心な対策をやっていなかったためでした。

 

 

 

 

 

「datarecovery」ウイルスに感染しないための
対策は以下のとおりです。

 

 

 

 

Java/JREを常に最新版に更新しておく

 

Adobe Readerを常に最新版に更新しておく

 

Adobe Flash Playerを常に最新版に更新しておく

 

・Windows UpdateをON(推奨設定)にしておく

 

 

 

 

これらの対策をやっておけば、
「datarecovery」ウイルスに感染することはほぼないようです。

 

 

 

 

ちなみにWindows Updateの設定については、
コントロールパネルより行うことができます。

 

 

 

 

アフィリエイト,お金,稼ぐ,インターネットビジネス,投資,ウイルス

インターネットの資産を守るために

せっかくアフィリエイトなどのインターネットビジネスで
お金を稼ぐことができるようになっても、
コンピュータウイルスに感染したために、個人情報が流出し、
お金をを失ってしまうような事態に陥ってしまっては、
なんの意味もありません。

 

 

 

有料でなくても構いませんから、
インターネット上の資産を守るためにも、
無料のアンチウイルスやウイルス対策ソフトを導入しましょう。

無料アンチウイルス ウイルス対策フリーソフト記事一覧

Microsoft Safety Scanner

Microsoft Safety Scannerとはインストール不要でオフラインでも使える無料アンチウイルス、ウイルス対策フリーソフトです。必要に応じてスキャンを実行し、ウイルスやスパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアを削除するのに役立ちます。ウイルスに感染するなどの原因で、パソコン内のアンチウイ...

≫続きを読む

 

Microsoft Security Essentials

Microsoft Security Essentialsはマイクロソフトが提供している、アンチウイルス、ウイルス対策フリーソフトです。Microsoft Security Essentialsを使用すると、ウイルス、スパイウェア、およびその他の有害なソフトウェアから、家庭や小規模ビジネスのパソコン...

≫続きを読む

 

Dr.Web CureIt!

Dr.Web CureIt!は、ウイルス、ルートキット、トロイの木馬、スパイウェア、およびアンチウイルスソフトウェアによって検出されない他の悪意のあるオブジェクト検出し、駆除する無料アンチウイルスソフト、ウイルス対策フリーソフトです。Dr.Web CureIt!は、コンピュータに他のアンチウイルスソ...

≫続きを読む

 

イチオシ情報商材!


トップページ もくじ メルマガ登録&無料プレゼント 情報商材購入特典 相互リンク募集
QLOOKアクセス解析