株式投資やFXでのテクニカルチャートの見方 分析

株式投資やFXでのテクニカルチャートの見方 分析

お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方

株式投資やFXでお金を稼ぐためには、テクニカルチャートの見方を学ばなければなりません。

 

 

闇雲に取引をしても、お金を稼ぐどころか、すべてのお金を失ってしまうことになるでしょう。

 

 

テクニカルチャート分析ができるようになると、過去の値動きから、近い将来の株やFXの値動きを予想しやすくなるため、勝率アップにつながります。


FX取引会社ランキング

DMMFX

お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方 

DMMFXはDMM.comが運営しているFX証券会社です。
 
2011年の時点で月間取引高は世界第3位と、
日本のFX証券会社の中では最大手といえます。

 

なんといってもスプレッドが狭いが一番の魅力!

 

キャッシュバックキャンペーンやポイントバックなどのサービスも豊富です。

 

FXデイトレーダーなら口座開設必須のFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方  お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方 お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方
FXCMジャパン証券
お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方 

FXCMジャパン証券はフォーランドフォレックスと合併し、最高水準のスペックと最強取引ツールにこだわったFX取引会社です。

FXCMジャパン証券は、世界180カ国でFXサービスを展開しています。

 

インターネットバンク直結のNDD方式を採用しており、レート操作やストップ狩りなどの心配ないため、FX投資家にとってフェアな取引環境を実現しています。

 

ポジティブスリッページも多いため、公平なFX取引を行いたいFX投資家におすすめのFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方  お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方 お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方
FXブロードネット(FXトレーディングシステムズ)
お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方 

FXブロードネットはFX取引会社のFXトレーディングシステムズが行っているFX取引サービスで、FX業界最高水準の低スプレッドや取引通貨1000通貨など、多彩なサービスを展開しています。
 
レベルに合わせたFXセミナーを開催したり、テクニカルチャート講座の開設など、投資家教育にも積極的です。

 

レバレッジコースが豊富で、1000通貨単位のFX取引ができるようになっています。

 

そのため、FX初心者にもおすすめできるFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方  お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方  お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、株式投資やFX、商品取引などのの取引市場で、
将来の取引価格の変化を過去に発生した
価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから
予想・分析しようとする手法のことです。

 

 

 

 

将来の取引価格の予想を需給、収益性評価および
それらの背景となる経済情勢分析に基づいて行う手法である
ファンダメンタル分析と相対する分析手法となります。

 

 

 

 

テクニカル分析には具体的な技法として
いくつかの種類が存在しますが、
その考え方を大別すると次の2つに分けられます。

 

 

 

・取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法

 

・取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法

 

 

 

 

これらを実行する方法として、テクニカルチャート分析があり、
実際に人間がチャートの見方を学び、
投資を行っていくというわけです。

 

 

 

 

テクニカルチャートは、個々の人間がとった投資行動の結果であり、
人間の心理状態がそこに現れます。

 

 

 

 

恐怖や欲望によってパニックになる人は、
いつも同じような状況で同じような取引を行うもので、
そのようなテクニカルチャートの見方もあります。

テクニカルチャート分析の種類

テクニカル分析は、大きく分けて
トレンド系とオシレーター系の2つに分けられます。

 

 

 

 

トレンド系のテクニカルチャートの種類には、
ローソク足・移動平均線・パラボリック
エンベローブ・酒田五法などがあり、
比較的、中長期的な相場の方向性を予想するために用いられます。

 

 

 

 

トレンドに沿って株式投資やFX取引を行う場合が多いため、
主に、順張りで用いられるテクニカルチャート分析ともいえます。

 

 

 

 

オシレーター系のテクニカルチャートの種類には、
RSI・ストキャスティックス・ラリーウィリアムズ%R・MACDなどがあり、
比較的、短期的な相場の方向性を予想するために用いられます。

 

 

 

 

オシレータ系のテクニカルチャートは
逆張りに用いられることが多いようです。

 

 

 

 

その他にも、出来高を指標にしたテクニカルチャートもあり、
たくさんの種類があります。

テクニカルチャート分析とリスク管理

株式投資やFXでお金を稼ぐためには、
徹底したリスク管理が必要です。

 

 

 

 

塩漬けはもってのほかで、
自分が予想した方向と逆に相場が動いたときは、
多額のお金を失わないために、
いち早く損切りを行わなければなりません。

 

 

 

 

また、その反対に、自分が予想したどおりに相場が動いたときは、
できるだけお金を稼ぐために、安易に利益を確定させず、
最大利益を狙うことが、株式投資やFXでお金を稼ぐ秘訣です。

 

 

 

 

しかし、なにも考えずに取引を行っていても、
どこで損切りや利益確定を行えばよいのかわかりません。

 

 

 

 

ファンダメンタルズ分析を用いた場合でも、
分析を行っている投資家自身が、
どの項目に比重をかけるかによって分析結果が違ってくるため、
リスク管理の方法としては難しいものがあります。

 

 

 

 

テクニカルチャート分析なら、
支持線や抵抗線など、明確なラインを視覚的に表すことができるため、
リスク管理が容易になります。

テクニカルチャート分析とチャートソフト

お金,稼ぐ,投資,FX,株式投資,FX,テクニカルチャート,見方

 

 

個人がテクニカルチャート分析を行うためには、
チャートソフトの使用が一般的ですが、
証券会社やFX取引会社で口座開設をすることによって、
チャートソフトを無料で使うことが出来ます。

 

 

 

 

各証券会社、FX取引会社で提供しているチャートソフトは
機能や使い勝手が違うため、
自分にあったチャートソフトを選びましょう。

 

 

 

 

チャートソフトの使用目的で、
口座開設するのも1つの方法です。

 

 

 

 

証券会社やFX取引会社の口座開設については、
以下の記事を参考にしてください。

 

株式投資ネット証券会社比較

 

FX取引会社比較

テクニカルチャート分析の欠点

テクニカルチャート分析には欠点もあります。

 

 

 

 

まず、テクニカルチャート分析には様々な種類がありますが、
その基準が明確ではないため、チャートの見方や分析方法が
意図的に操作される可能性があります。

 

 

 

 

例として、投資初心者に人気のテクニカルチャート分析である移動平均線は、
平均日数の設定次第でチャートの見方や分析方法が、変わってきます。

 

 

 

 

これは、逆に言えば過去の株価の変動に合わせて、
平均日数を作為的に操作すれば、
相場の予想的中確率を大幅に上げることができるというわけです。

 

 

 

 

とはいっても、テクニカルチャート分析は、
ファンダメンタル分析と比べれば、あいまいさは少ないので、
個人投資家、特にFX投資家には
必ずといっていいほど用いられる手法です。

 

 

 

 

ファンダメンタル分析もテクニカルチャート分析も、
将来を確実に予測する方法ではありませんから、
それらの利点と欠点を理解し、
うまく付き合っていくのが賢い方法です。

 

 

 

 

なんの根拠もなく株式投資やFX取引を行っても、
お金を稼ぐことは難しいので、
テクニカルチャートの見方や分析手法をしっかりと学び、
幅広い投資活動に役立てていきましょう。

株式投資やFXでのテクニカルチャートの見方 分析記事一覧

ローソク足

ローソク足は、相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つです。相場の値動きが一目で分かるように考案されており、ローソクに似た形であることからその名前がつけられています。日本で考案されたものですが、現在では海外でもキャンドル・チャートの名でポピュラーなものとなっています。ローソク足は、単位期...

≫続きを読む

 

平均足(コマ足)

平均足(コマ足)は、カリスマトレーダーや有名FXブロガーによって、注目が集まっているテクニカルチャートです。高値・安値はローソク足の高値・安値と共通ですが、始値と終値の計算方法が違います。平均足(コマ足)の計算方法は以下のとおりです。始値 = (一本前の始値(平均足)+一本前の終値(平均足))÷2高...

≫続きを読む

 

トレンドライン

トレンドとはもともと傾向と言う意味ですが、相場では「大局的な方向性」と言う意味で使います。トレンドには以下の3つに区分することができます。1.上昇トレンド2.下降トレンド3.横ばい(トレンドレス)トレンドはトレンドラインによって判断しますが、言い換えればトレンドラインを引くことの出来る相場の動きをト...

≫続きを読む

 

移動平均線

移動平均線は、相場のジグザグな動きを慣らして滑らかにして相場の方向性を見やすくしたものです。それ自体は統計分析などで広く使われていたが、アメリカのJ・E・グランビルによって相場分析に利用できる事が広められました。移動平均線は、過去の一定期間の株価の平均値から求めます。5日移動平均線であれば、過去5日...

≫続きを読む

 

ストキャスティクス

ストキャスティックスは1950年代にジョージ・レインによって考案されたチャートです。オシレーター(値幅分析)系指標の一種で、株式投資やFXなどで、逆張りの投資手法において、よく用いられる指標です。ストキャスティックスは、トレンドがない相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断する逆張りのテクニカルチャートと...

≫続きを読む

 

一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、テクニカルチャート分析の一つで細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案されました。細田のペンネーム 一目山人(いちもくさんじん)に因んで名づけられ、現在は細田の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標となっています。一目均衡表は波動・時間・水準を総...

≫続きを読む

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはトレンド系のテクニカルチャートで、考案者はジョン・A・ボリンジャー (John A. Bollinger)。株式投資やFX初心者に人気のテクニカルチャートで、一般には逆張りに分類されることが多いですが、ボリンジャー自身は順張りに使用してます。ボリンジャーは1980年代に発表。ただ...

≫続きを読む

 

MACD

MACDとはトレンド系のテクニカルチャートです。「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、頭文字の、MACD(エムエーシーディー・マックディー)で呼ばれるのが一般的です。直訳すると「移動平均・収束拡散トレード法」となります。M...

≫続きを読む

 

RSI

RSI(The Relative Strength Index)はオシレーター系のテクニカルチャートで相対力指数とも呼ばれます。米国のJ.W.Wilderが考案したテクニカルチャートであり、株式投資やFX投資家に人気のテクニカルチャートの一つです。売られ過ぎ買われ過ぎを数値化し、逆張りで相場にアプロ...

≫続きを読む

 

ピボット

ピボットは、J・W・ワイルダーによって考案されたテクニカルチャートで、「リアクション・トレンド・システム」ともいいます。ピボットは、タイプとしては方向性のない相場で利益を出すことを目的とするシステムですが、市場が突然ある方向に、それも急激に動いた場合は、自動的にトレンド追随モードに切り替わります。そ...

≫続きを読む

 

パラボリック

パラボリックは、J.W.ワイルダー氏が考案したSAR(ストップ&リバースポイント)と呼ばれるラインを用いたトレンドフォロー型のテクニカルチャートです。パラボリックには「放物線上の」という意味があり、SARがチャート上に放物線を描くように見えることから「パラボリック」と呼ばれています。描かれた放物線(...

≫続きを読む

 

RCI

RCIとは、Rank Correlation Indexの略で、価格そのものを計算対象とせずに「時間」と「価格」それぞれに順位をつけ、両者にどれだけの相関関係があるのかを表したテクニカルチャートです。RCIの値は、-100〜+100の間を推移し価格が上昇を続ければ+100%に近づいていき高値圏と判断...

≫続きを読む

 

サイコロジカルライン

価格が何日も上昇(下落)を続けることは少ないものです。そこで、ある期間のうち、価格が上昇した日数の割合を求めて、売買タイミングを判断するといった方法が考えられました。それが「サイコロジカルライン」です。「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味で、市場に向かう人間の心理を数値化したことからこの名前...

≫続きを読む

 

EMA

EMAとはExponential Moving Averageの略で、指数平滑移動平均線ともいいます。SMA(単純移動平均線)は、過去の終値の平均から算出されますので、トレンド転換後、新しいトレンドが発生したことを示すシグナルを発するのが遅いといった欠点があります。この問題を改善すべく考え出されたの...

≫続きを読む

 

DMI

DMIとは、Directional Movement Indexの略で、方向性指数ともいいます。トレンド系のテクニカルチャートで、RSIやパラボリックと同じくJ.W.ワイルダー氏が考案しました。市場のトレンドの有無を測定するために開発されています。

≫続きを読む

 

エンベロープ

エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線のことで、価格が移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用いられるテクニカルチャートのひとつです。一般的には、エンベロープの上限・下限をトレンドの反転のポイントとして売買サインに用いたり、支持・抵抗の目安として用います。...

≫続きを読む

 

ストキャスティクスRSI

ストキャスティックRSI(Stochastic RSI)とは、1994年にトゥーシャー・シャンデとスタンリー・クロールが開発したテクニカルチャートです。その名の通り、ストキャスティクスとRSIを合わせてできた指標で、より正確に言えば、RSIの値を、ストキャスティクスの式に入れて計算しなおしたもので0...

≫続きを読む

 

移動平均乖離率

乖離率は、価格が移動平均線からどれだけ離れている(乖離している)かを数値化したテクニカルチャートで、移動平均に対する価格の乖離はやがて修正されるという考えに基づき、移動平均線からの離れ具合で「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するテクニカルチャートです。移動平均線だけで売買の判断を行うと価格が急変動...

≫続きを読む

 

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%Rは、著名なトレーダであるラリー・ウィリアムス氏によって考案されたオシレーター系のテクニカルチャートでストキャスティクスの%Kに近いものです。一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したものです。

≫続きを読む

 

フィボナッチリトレースメント

相場はトレンドが発生したときでも一直線に動くわけではなく、「戻り」の動きを繰り返しながら動いていきます。上昇相場における押し目や下降相場における一時的な戻りの目標価格を判断する指標としてフィボナッチリトレースメント(Fibonacci Retracement)が使われます。フィボナッチとは、イタリア...

≫続きを読む

 

アルーンインディケーター

アルーンインディケーターとは、トゥーシャー・シャンデ(Tushar Chande)により考案されたテクニカルチャートです。アルーン(aroon)とはサンスクリット語で「夜明けの光」を意味しており、新しいトレンドの始まり(=夜明け)を見極め、トレンドの有無・強弱を判断します。一定期間中の高値・安値の更...

≫続きを読む

 

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)とは、ウェルズ・ワイルダー氏(J.Welles Wilder)が考案したテクニカルチャートです。その名の通り、「真の値幅の平均」を表していて、ボラティリティの高さを、明確に数値としてみることができます。FX取引をする上で、今の相場はどの程度ボラティリティの強さな...

≫続きを読む

 

イチオシ情報商材!


トップページ もくじ メルマガ登録&無料プレゼント 情報商材購入特典 相互リンク募集
QLOOKアクセス解析