せどりでお金を稼ぐ

せどりでお金を稼ぐ

,お金,稼ぐ,せどり,古本,仕入れ転売

せどりとは、主に古本を転売することでお金を稼ぐビジネスの1つです。

 

 

せどりは昔からあるビジネスなのですが、現在ではブックオフなどで古本を購入し、ヤフーオークションamazonで転売するというインターネットビジネスの1つとして位置づけられている場合が多いです。

 

 

せどりで劇的にお金を稼ぐことはできませんが、リスクも少なく、難しい作業も必要ないため、人気のインターネットビジネスとなっています。


せどりとは

せどり(競取り、糶取り、背取り)とは、
同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、
その手数料を取ってお金を稼ぐインターネットビジネスの1つです。

 

 

 

 

一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」という
商行為を指す言葉です。

 

 

 

 

一般的にはひらがなで「せどり」と書き、
辞書では「競取り」という漢字が当てられていますが
元々は「糶取り」という字が使われていました。

 

 

 

 

 

「糶取り」の「糶(ちょう、せり、うりよね)」とは、
「米を売りに出す」の意味で、
そこから「米の競り売り」や「行商」のことを指します。

 

 

 

 

漢字としては「出+米+?(=擢:抜き出す)」から成り、
貯蔵してあった米を選り出して売りに出すことを意味し、
そこから転じて多くの物の中から選び出して売ることを
「糶取る(動詞)」または「糶り取る」と言いました。

 

 

 

 

せどりは古くは古書店等で安く売っている本を買い、
他の古書店等に高く売ってお金を稼ぐ(転売)ことを指しました。

 

 

 

 

同業者の店頭から高値で転売する事を目的に「抜き買い」するため、
せどり行為は業界内では嫌われましたが、
一方、本の希少価値にこだわらない、
大量仕入れ、大量販売形式の大規模古書店においては、
一度に数十から百冊の本を買ってくれる、長期在庫が減るという理由から
せどりが必ずしも嫌われているわけではありません。

 

 

 

 

 

古書組合などの業者間の競り売りは、主に束売りで行われるため、
欲しい本を競り落とすためには必要のない本まで買わなければならない場合があります。

 

 

 

 

その場合、競り落とした後に必要な本を抜き出し、
必要のない本は何らかの形で処分する事になり、
結果として「必要な本だけを抜き出す」事になりますが、
そこから「多くの本から必要な本だけを抜き出す」行為を
せどりとと言うようになりました。

せどりの過去と現在

過去には、店を持たずに各地を回り、
自分の知識と目利きを頼りに仕入れた商品を同業者に販売したり、
注文を受けた本を探し出して手数料を取り
お金を稼ぐ「せどり屋」という商売がありました。

 

 

 

 

現在では新古書店等で安く売っている商品を、
主にインターネットを利用して転売する事をせどりと言い、
せどりをしている個人や業者を「転売屋」「転売ヤー」などと呼びます。

 

 

 

 

また、現在ではせどりの対象は本に限らず、
CD、DVD、ビデオソフト、ゲームソフト、カレンダー、フィギュアなど、
インターネット上に中古市場の存在する多くの媒体が転売対象となっており、
せどりを指南するインターネットサイトや情報商材なども数多く存在します。

 

 

 

 

インターネットを始め、数多くのせどりツールなどが開発され、
誰もが簡単に商品の値段を検索できるようになったため、
せどりは以前と比較して、かなりローリスクで行えるインターネットビジネスとなりました。

 

 

 

 

インターネットやせどりツールがあれば、
せどりの敷居がグッと低くなるため、
学生や主婦、サラリーマンの副業にも最適なインターネットビジネスとなりました。

 

 

 

 

せどりは雑誌やテレビなどのメディアでも多く取り上げられるようになり、
現在ではアフィリエイトと同程度の知名度となっています。

せどりの利点と特徴

せどりの利点と特徴を以下に説明します。

 

 

 

 

誰でも簡単に始めることができる

 

 

せどりは、インターネットビジネスの基本的なことができれば、
誰でも簡単に行うことができます。

 

 

 

 

具体的には、メールができたり、
インターネットショッピングできたり、
プリンタが使えたりできれば、せどりを始めることができます。

 

 

 

誰でも簡単に始めることができるのは、
せどりが人気である理由の1つです。

 

 

 

 

作業が簡単

 

 

せどりの基本的な方法は、
本の場合、ブックオフなどで本を仕入れてきて、
amazonやヤフーオークションなどで転売するだけです。

 

 

 

 

特にamazonは落札者とのやり取りも簡単に行えるため、
これといって難しいことはないでしょう。

 

 

 

 

低リスクで始めることができる

 

 

 

 

せどりの基本といえば、
ブックオフの105円コーナーを利用した仕入れがありますが、
105円コーナーを利用すれば、1冊105円しかかかりませんし、
インターネットやせどりツールを使った電脳せどりならば、
あらかじめ転売価格がわかるため、
ほぼノーリスクでせどりを行うことができます。

 

 

 

 

せどりに必要な経費はインターネット接続料や
商品購入代、梱包資材費、発送費ぐらいなものですから、
低予算で始めることができるのです。

 

 

 

 

即金性がある

 

 

せどりは、転売先として
ヤフーオークションなどのオークションサイトを利用した場合は、
即入金となるため、即金性があります。

 

 

 

 

また、転売先としてamazonを利用した場合でも、
2週間に1度、せどりの売上が入金されるため、
キャッシュフローが良く、稼いだお金を別のビジネスや投資に使うことができます。

 

 

 

 

ちなみにアフィリエイトASPの場合、
アフィリエイト収入が入金されるのは2ヶ月程度かかるため、
せどりの即金性が伺えると思います。

 

 

 

 

自分の利用品や不用品を利用できる

 

 

せどり初心者は、自分が利用している本やCD、DVDなどや
不用品を売ることから始めることをおすすめします。

 

 

 

ブックオフ等で仕入れた商品も、転売するまでは自分が利用できるため、
自分の趣味の範囲でせどりを行うのも1つの方法です。

 

 

 

 

私の場合、ゲームが大好きなので、
欲しいゲームはあらかじめ予約をして予約特典がもらえるようにしておき、
ゲームをクリアしたら、特典とセットでオークションなどで売るようにしています。

 

 

 

 

こうすることで、実質無料でゲームを楽しむことができます。

 

 

 

 

この例で、本格的にせどりを行うのであれば、
利益が見込める予約特典のついているゲームを複数予約しておき、
発売日と同時に出品することでお金を稼ぐことができます。

せどりのデメリット

せどりにはデメリットもあります。

 

 

 

せどりのデメリットについて説明します。

 

 

 

 

労働所得である

 

 

せどりはブログアフィリエイトや
不動産の家賃収入などの不労所得と違って、
労働所得にあたります。

 

 

 

 

インターネットビジネスは不労所得化させることができるものが多いですが、
せどりは仕入れや梱包作業、発送などを
自分を一人で行うことになるため、
一日にできる作業量に限界があります。

 

 

 

 

他の仕事が忙しかったり、病気になったりして、
せどりができなくなってしまうと、
その時点でお金を稼ぐことができなくなってしまいます。

 

 

 

 

収入限界が低い

 

 

せどりは労働所得のため、
月収100万円レベルのお金を稼ぐためには、
かなりの作業量が必要になります。

 

 

 

 

アフィリエイトは収入の仕組みを自動化させることができるので、
収入限界は高いのですが、
せどりで大金を稼ぐためには、
人を雇ったりして会社化させる必要が出てくるため、
個人がせどりで大金を稼ぐのは無理があります。

 

 

 

 

在庫管理が必要

 

 

せどりは本やCD、DVDを仕入れることになるため、
商品在庫を保管しておくスペースが必要となります。

 

 

 

 

せどりで、ある程度まとまったお金を稼ぐためには、
相応の在庫を抱える必要があるため、
押入れの1つや2つはせどりの商品で埋まってしまいます。

 

 

 

 

仕入れから転売まで、
すべてインターネット上で行う電脳せどりを実践すれば、
それほど在庫を抱えることはありませんが、
それでも在庫スペースは必要です。

 

 

 

 

せどりの在庫問題を解決するためには、
amazonのFBA(フルフィルメント by Amazon)
などを利用するのが良いでしょう。

せどりの基本的なやり方

現在、もっとも基本的なせどりのやり方は、
ブックオフ等の中古販売店で本やCD、DVD、ゲームなどを購入し、
ヤフーオークションやamazonなどのインターネットサイトで転売します。

 

 

 

 

本をせどりする場合、
仕入れはほぼブックオフを仕入れることが多いです。

 

 

 

 

特にブックオフでは105円コーナーといって、
ブックオフ側で値段がつけられないような本が
105円で投売りされているため、
せどり初心者はここから本を仕入れて転売するのが基本となります。

 

 

 

 

ブックオフなどの中古販売店が、低い値段をつけているからといって、
本の価値が低いとは限らず、
むしろインターネットを使って転売すると、
おもわぬ高値で売れる場合があります。

 

 

 

 

また、インターネット上には
無料で本の販売価格を調べることのできるせどり支援サイトや
有料となりますがバーコードリーダー付きのせどりツールなどが販売されており、
それらのツールを携帯電話などから利用すれば、
出先でも簡単に転売価格を調べることができるため、
ほぼノーリスクでせどりを行うことができます。

 

 

 

 

さらに、せどりには電脳せどりといって、
仕入れから転売まで、
すべてインターネット上で完結させるせどり手法もあります。

 

 

 

 

電脳せどりは、インターネットなどで
お金を稼ぎやすい本やCD、DVDなどを調べておき
複数のネットショップでせどり対象の販売価格を調べます。

 

 

 

 

そして、販売価格の低いネットショップで仕入れを行い、
販売価格の高いネットショップで転売を行うことで、
お金を稼ぐという方法です。

 

 

 

 

無駄な在庫を抱えることのない電脳せどりは、
以前と比較して実践する人も増えており、
副業はもちろん、電脳せどりを専業として行う人も増えてきています。

せどりに必要なもの

せどりを始めるにあたって
必要なものを以下に列挙します。

 

 

 

 

パソコン・インターネット環境・プリンタ

 

 

 

 

せどりを行うためには、
まずパソコンとインターネット環境が必要です。

 

 

 

 

パソコンはそれほどスペックの高いものを用意する必要はありません。

 

 

 

 

インターネット環境は
ADSL程度の通信速度でも十分せどりを始めることができます。

 

 

 

 

そして、せどりにはプリンタが必要です。

 

 

 

 

せどりの主な転売先はamazonになると思いますが、
amazonの注文書を印刷するためにプリンタが必要となります。

 

 

 

 

プリンタは高性能のものは必要ありません。

 

 

 

 

モノクロ印刷しかできない低性能のプリンタでも良いので、
用意しておきましょう。

 

 

 

 

発送用封筒

 

 

 

 

せどりは、本をはじめCDやDVDを転売することになりますので、
それらを発送するため封筒になります。

 

 

 

 

封筒のサイズは様々なものがありますが、
とりあえずは、A4サイズが入る角形3号と
B5サイズが入る角形4号の2つを用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

他のサイズの封筒は用途によって、
買い足せば良いと思います。

 

 

 

 

ちなみにA4サイズ以上の大きさの封筒で発送すると、
発送料が高くなるため、
A4サイズで収まる商品だけをせどりに利用するのも1つの方法です。

 

 

 

 

ガムテープやセロハンテープ

 

 

 

 

せどりの梱包作業で必要となります。

 

 

 

 

100円ショップなどで買い揃えるのも良いですが、
本格的にせどりを行うのであれば、
ネットショップでまとめ買いするほうが安く買えます。

 

 

 

 

プチプチなどの梱包資材

 

 

 

 

せどりで仕入れた商品を封筒にそのまま入れて発送すると、
雨風などで商品が傷ついてしまう恐れがあるため、
プチプチ(エアーキャップ)などの梱包資材でしっかり梱包します。

 

 

 

 

必要に応じて、ダンボールやミラーマット、
発砲素材、隙間材などを用意しておきましょう。

 

 

 

 

梱包材は100円ショップやホームセンター、
ネットショップなどで買い揃えることができます。

 

 

 

 

クリスタルパック

 

 

 

 

クリスタルパックとは、OPPという素材の透明な袋です。

 

 

 

 

透明度、防水性、防湿性に優れていて、
腰があり、引っ張り強さ、引き裂き強さに優れています。

 

 

 

 

クリスタルパックをせどりに利用することで、
商品を雨風などから守ることができます。

 

 

 

 

特にトレーディングカードなど、レアリティの高い商品などを扱う場合は、
クリスタルパックの利用を検討すると良いでしょう。

 

 

 

 

携帯電話やスマートフォン

 

 

 

 

せどりの仕入れに利用します。

 

 

 

 

携帯電話やスマートフォンを使えば、
出先からせどり対象商品の転売価格を調べることができるので、
ローリスクでせどりを行うことができます。

 

 

 

 

本格的にせどりを行うのであれば、
スマートフォンの利用をおすすめします。

 

 

 

 

いずれにせよ、インターネットへのアクセスを頻繁に行うことになるため、
パケット定額制のプランに入っておきましょう。

 

 

 

 

シールはがしグッズ

 

 

 

 

せどりの対象商品は主に中古になるため、
値札シールをはじめ、不要なシールが貼られている場合があります。

 

 

 

 

商品は綺麗な状態にしておくと、
転売価格が高くなるため、不要なシールなどは剥がしてしまいましょう。

 

 

 

 

シールを綺麗に剥がすにはライターオイルをシールに含ませたり、
ハンドクリームをシールに塗りこんではがす方法などがあります。

 

 

 

シール剥がし用のヘラなども用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

クレジットカード

 

 

,お金,稼ぐ,せどり,古本,仕入れ転売

 

 

せどりの転売先は主に、amazonを利用することになりますが、
amazonマーケットプレイスに登録する際にクレジットカードが必要となります。

 

 

 

 

せどりに限らず、インターネットビジネスを行うには、
クレジットカードは1枚は用意しておいたほうが良いので、
これを機会に作っておくことをおすすめします。

 

 

 

 

クレジットカードは、ANA JCBカード
セブンカードなどがおすすめです。

 

 

 

 

銀行口座

 

 

せどりの売上をamazonやヤフーオークションから受け取るためには、
銀行口座を用意する必要があります。

 

 

 

 

郵貯銀行やそのほかの金融機関をを利用するのも良いですが、
せどりのようなインターネットビジネスを行う際には、
ネットバンクの利用をおすすめします。

 

 

 

 

せどりは、マメに入金チェックを行う必要があるため、
ネットバンクの方が便利です。

 

 

 

 

ネットバンクは楽天銀行ジャパンネット銀行
2つの口座を開設しておけば良いでしょう。

 

 

 

 

メールアドレス

 

 

せどりの仕入先や転売先となる、
amazonやヤフーオークションなどの登録に必要です。

 

 

 

登録に利用するメールアドレスは
Gmailやヤフーメールなどのフリーメールで構いません。

 

 

 

 

Gmailやヤフーメールについては、
以下の記事を参考にしてください。

 

インターネットビジネスにgmailを使ってみよう

 

インターネットビジネスにヤフーメールを使ってみよう

せどりでお金を稼ぐためのコツ

現在のせどりは、
インターネットやせどりツールを使ったものが多くなっています。

 

 

 

 

そのため、ブックオフなどで本を仕入れようと思っても、
なかなかお宝本は見つかりません。

 

 

 

 

そこであえてバーコードやISBN番号がない古本を探してみるのも
せどりでお金を稼ぐためのコツです。

 

 

 

 

せどりツールを利用する場合、
バーコードリーダーやISBN番号検索を利用します。

 

 

 

 

そのため、バーコードやISBN番号がない古本は、
スルーされる可能性が高いため、
お宝本が眠っている場合があります。

 

 

 

 

また、ブックオフセールや、
ブックオフに限らず、デパートなどでたまに開催される、
古本市やフリーマーケットからせどり商品を仕入れるのも1つの方法です。

 

 

 

 

店舗ごとに本の補充する時間帯を覚えておいて、
その時間帯に仕入れを行うのも有効です。

 

 

 

 

人と違うところに着目すると、
効率的にせどりでお金を稼ぐことができます。

せどりでお金を稼ぐ記事一覧

amazonマーケットプレイスの登録と出品方法

せどりでお金を稼ぐためには、商品の転売先を確保する必要がありますが、現在のせどりでは主に仕入れた商品はamazonマーケットプレイスに出品することになります。特に本、書籍に関しては、ほぼamazonマーケットプレイスを使うことになるでしょう。

≫続きを読む

 

イチオシ情報商材!


トップページ もくじ メルマガ登録&無料プレゼント 情報商材購入特典 相互リンク募集
QLOOKアクセス解析