FXでお金を稼ぐ

FXでお金を稼ぐ

FXとはForex(Foreign exchange)の略で、
外国為替証拠金取引のことを指します。

 

 

 

 

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、
証券会社等が取扱いを開始、
ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大しました。

 

 

 

 

商品先物会社、証券会社のほか、
FX取引を専業で取り扱うFX取引会社も数多くあります。

 

 

 

 

高レバレッジをかけることができるため、
取引の仕方によっては非常に高いリスクを負う場合もあるため、
実際の取引にあたっては外国為替相場に関する
十分な知識や経験を要します。

 

 

 

 

FXは単純に何らかの通貨を買って、何らかの通貨を売り、
価格の変動によってお金を稼ぐため、
株式投資と比べて、シンプルです。

FX取引会社ランキング

DMMFX

お金,稼ぐ,FX,投資 

DMMFXはDMM.comが運営しているFX証券会社です。
 
2011年の時点で月間取引高は世界第3位と、
日本のFX証券会社の中では最大手といえます。

 

なんといってもスプレッドが狭いが一番の魅力!

 

キャッシュバックキャンペーンやポイントバックなどのサービスも豊富です。

 

FXデイトレーダーなら口座開設必須のFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,FX,投資  お金,稼ぐ,FX,投資 お金,稼ぐ,FX,投資
FXCMジャパン証券
お金,稼ぐ,FX,投資 

FXCMジャパン証券はフォーランドフォレックスと合併し、最高水準のスペックと最強取引ツールにこだわったFX取引会社です。

FXCMジャパン証券は、世界180カ国でFXサービスを展開しています。

 

インターネットバンク直結のNDD方式を採用しており、レート操作やストップ狩りなどの心配ないため、FX投資家にとってフェアな取引環境を実現しています。

 

ポジティブスリッページも多いため、公平なFX取引を行いたいFX投資家におすすめのFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,FX,投資  お金,稼ぐ,FX,投資 お金,稼ぐ,FX,投資
FXブロードネット(FXトレーディングシステムズ)
お金,稼ぐ,FX,投資 

FXブロードネットはFX取引会社のFXトレーディングシステムズが行っているFX取引サービスで、FX業界最高水準の低スプレッドや取引通貨1000通貨など、多彩なサービスを展開しています。
 
レベルに合わせたFXセミナーを開催したり、テクニカルチャート講座の開設など、投資家教育にも積極的です。

 

レバレッジコースが豊富で、1000通貨単位のFX取引ができるようになっています。

 

そのため、FX初心者にもおすすめできるFX取引会社です。

スプレッドの狭さ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,FX,投資  お金,稼ぐ,FX,投資  お金,稼ぐ,FX,投資

FXの特徴

FXは外貨預金・外貨建てMMFなど、
他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴があります。

 

 

 

 

売りから入ることが可能

 

 

多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引にりますが、
FX取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能です。

 

 

 

 

一般的に売りのポジションを持つのは、
株式投資での信用取引を使っての「空売り」がよく知られていますが、
信用取引はおよそ資産の3倍までしか投資することができませんが、
FXならFX取引会社で定められている、
最大レバレッジまで投資することができます。

 

 

 

 

また、FXは日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、
「米ドル (USD) を売ってユーロ (EUR) を買う」といった取引も可能です。

 

 

 

 

レバレッジの効果

 

 

FXはレバレッジを利用することによって
証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。

 

 

 

 

ただし、レバレッジを掛けすぎると
ポジションを立てた方向と逆に相場が動いた場合に
証拠金以上の損失を受けることもあるため、
注意が必要です。

 

 

 

 

差金決済がない

 

 

FXは、株式現物取引とは異なり差金決済のため預託金拘束がなく、
同一通貨を何回でも取引することができます。

 

 

 

 

そのため、デイトレードでお金を稼ぐのであれば、
FXはそれに適した投資ということになります。

 

 

 

 

スプレッドが小さい

 

 

FXは、為替レートが同一の時の、
売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、
電信買相場 (TTB) と電信売相場 (TTS))の差(スプレッド)が
他の金融商品に比較して小さい傾向があります。

 

 

 

 

有利なスワップポイント

 

 

FXは金利が高い通貨の買いポジション(ロング)の場合の、
金利差による受取スワップポイントも、
他の金融商品より有利な場合が多いです。

 

 

 

 

但し、この場合、受取スワップポイントによる利益を享受できるのは、
買いポジションにある通貨が上昇している時だけで、
下降時には受取スワップポイントを食い潰すほどの多大な損失を受けるため、
注意が必要です。

FXのロングとショート

FXでは、「買い」の方の通貨をロング、
「売り」の方の通貨をショートと呼びます。

 

 

 

 

常に何らかの通貨を売り、
何らかの通貨を買うという表現になるとういわけです。

 

 

 

 

2つの通貨のペア間の比率の変動を取引の対象とするため、
このような表現となります。

 

 

 

 

通貨のペアは USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどと表記が決まっており、
左側の通貨を右側の通貨で売買した場合の数値が
取引の数値(=通貨レート)となり、
また左側の通貨をどう取引するかを呼称します。

 

 

 

 

たとえばUSDを買って円を売る場合はUSD/JPYのロングと言います。

 

 

 

 

決済通貨とは、取引される2国間の通貨取引によって、
スワップ金利や損益が発生する通貨のことを言います。

 

 

 

 

すべての場合において、
主軸通貨(基軸通貨)/決済通貨と表記されます。

 

 

 

 

たとえばドル円の場合、「USD/JPY」のように表記されます。

 

 

 

 

異なる通貨同士の組み合わせを「通貨ペア」とも呼ばれ、
FXではこちらのほうが一般的です。

FXのレバレッジ

FX取引では、レバレッジを利用することにより、
証拠金以上の外貨を取引することができます。

 

 

 

 

レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まります。

 

 

 

 

逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という
外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできます。

 

 

 

 

仮にレバレッジが100倍で取引した場合、
1%の変動(1ドル=100円から1ドル=101円, 100pips)が100%の変動になります。

 

 

 

 

利益なら証拠金が2倍になりますが
損失なら証拠金全額を失うことになります。

 

 

 

 

高いレバレッジであるほど、
リターンが高まる分リスクが高まることを理解してFX取引を行いましょう。

 

 

 

 

注文後はすぐにストップロス(逆指し値)を必ず使い、
被害を最小限に留めることが大切です。

 

 

 

 

実際には商品先物の証拠金取引と同様、
損失が一定額を超えると、
各FX取引会社のロスカットルールによって
強制的に反対売買がなされるのが一般的です。

 

 

 

 

またそれよりも損失の小さい段階で
追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)場合もあります。

 

 

 

 

ロスカット判断は取引時間中はほぼリアルタイムで行われていますが、
システム状態によっては必ずしもリアルタイムとならない場合もあるほか、
週明けに大きな変動があることもあるため、
特に高いレバレッジの損切りでは
ロスカットルール以上の損失が発生するケースも多いです。

 

 

 

 

外国為替を原資産とした場合、
そもそも通貨の両替から派生しているが故に、
上場の有価証券とは本来的にその性質が異なります。

 

 

 

 

ここにおいて、レバレッジの概念は想定元本のみならず
評価損益をどの程度の頻度で管理すべきかという
きわめて高度な信用リスク管理と表裏一体であるがゆえに、
この部分を行政・立法という公権力若しくは業界団体による
自主ルールでの制定を行おうとする試みがありますが、
一方でリスク管理手法は各金融機関によって大きく異なるというのが実状です。

 

 

 

 

2010年8月1日より最大レバレッジ50倍の規制が行われ、
2011年8月1日より、最大レバレッジ25倍の規制が金融庁より導入されました。

FX取引の例

1ドル=120円、レバレッジ20倍でFX取引する場合、
60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、
5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となります。

 

 

 

 

つまり、証拠金は取引額の5%になります。

 

 

 

 

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、
その後、円高となって1ドル=115円になったとすると、
このときの収支は、1ドルあたり 115円−120円=-5円であるので、
10万ドルでは50万円の損失となります。

 

 

 

 

また、証拠金は 1ドル=120円のときに、
5000ドルであるので60万円です。

 

 

 

 

初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、
残るのは10万円だけであり、初めの 1/6となります。

 

 

 

 

上記と逆に、円安となって 1ドル=125円になった場合は、
50万円の利益となります。

 

 

 

 

つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となります。

FXのリスク

FXは主に以下のようなリスクがあります。

 

 

 

 

FXの相場変動リスク

 

 

相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、
損失を受ける場合があります。

 

 

 

 

証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、
損失が預託した証拠金を超え、
さらなる証拠金を請求される場合もあります。

 

 

 

 

FXの流動性リスク

 

 

FXは1日約300兆円取引されていますが、
短期間に大量の注文を出した際は、
希望した金額で取引が成立しないリスクがあります。

 

 

 

 

特に急激な相場変動時は、
FX取引会社によっては、注文が執行されず、
決済ができない場合もあります。

 

 

 

 

FXのシステムリスク

 

 

インターネットなどのシステムを通じてFX取引を行う際のリスクです。

 

 

 

 

つまり、FX取引会社によっては、
毎朝、スワップポイントをつけるタイミングで、
メンテナンスを行うFX取引会社があります。

 

 

 

 

そして、その際、その時間帯に、
損切りの逆指値も自動ロスカットの処理も行わないFX取引会社があります。

 

 

 

 

そのため、その時間帯に巨額の損失が発生する可能性があることを、
知っておかなければなりません。

 

 

 

 

場合によっては、自動ロスカットが効かなかったため、
追証となることもあります。

 

 

 

 

このようなFX取引会社でデイトレード以外を行う場合は
注意が必要です。

 

 

 

 

FX取引会社のサーバダウン、回線のトラブル、
停電等で思う様に取引ができないリスクもあります。

 

 

 

 

信用リスク

 

 

くりっく365や大証FXを除き、
FX取引会社が破綻などをすれば
そこで取引をしている顧客も損失を被るおそれがあります。

 

 

 

 

例えば、客から委託された証拠金を、
自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった
保全管理をしていない業者の場合、
破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは
ほぼ期待できません。

 

 

 

 

エフエックス札幌というFX取引会社では、
顧客が持っているポジションが強制清算されて、
かつ証拠金が返金されない事態が発生しています。

 

 

 

 

FX取引会社によって証拠金の(保全)管理方法が異なるので、
約款などで確認する必要があるでしょう。

 

 

 

 

また、一部分の信託保全か100%信託保全かどうか、
どこの銀行に信託保全しているかも確認する必要があります。

FXのオーダー処理方式

FX取引会社の顧客のオーダーの処理方法は、
いくつかの方式に大きく分類されます。

 

 

 

 

各方式選択制、もしくは内部的に組み合わせている
FX取引会社もあります。

 

 

 

 

相対取引

 

 

顧客はFX取引会社対して売買取引を行うというものです。
(相対取引、OTC-Over The Counter)。

 

 

 

 

価格提示・流動性提供はFX取引会社による為、
マーケットメイカー(MM)方式とも呼ばれます。

 

 

 

 

FX取引会社はディーリングデスクで顧客のオーダーを受け付け、
必要があれば顧客同士のオーダーを相殺したり
カバー先銀行等にオーダーを流す為、
ディーリングデスク(Dealing Desk)方式とも呼ばれます。

 

 

 

 

NDD(No Dealing Desk)

 

 

FXの相対取引方式に対してディーリングデスクが無い方式です。

 

 

 

 

一般にはECN+STP方式、ECN方式を一括りに指します。

 

 

 

 

FX取引は基本的にはECN+STP方式です。

 

 

 

 

外国為替市場としてみた場合、
決済の大半はEBS社、ロイター社の電子ブローキングシステムによっており、
これらはECN方式となります。

 

 

 

 

事業者は提示価格にマークアップを加算するか、
コミッションを従量制課金することで利益を出しています。

 

 

 

 

この方式の場合、流動的な状況下では顧客から見たスプレッドが
ゼロ(チョイスプライス)ないしはゼロ以下となる場合も珍しくない。

 

 

 

 

STP(Straight-through processing)

 

 

顧客のオーダーを直接カバー先の金融機関に流す方式です。

 

 

 

 

流動性はカバー先金融機関に依存し、
価格はカバー先金融機関の提示価格を束ねたものを提示します。

 

 

 

 

主にECNの流動性を補完する為に、
ECN参加者にカバー先金融機関を加える形で用いられています。

 

 

 

 

ECN(Electronic Communications Network)

 

 

株等を売買する証券取引所と同じように、
電子証券取引所上で全参加者の売買を
突き合わせてFX取引を行う方式です。

 

 

 

 

世界中に公私設のECNが存在しています。

 

 

 

 

日本で提供されているものはくりっく365、大証FXとい
った証券取引所による公設のものと、
Currenex等の事業者による私設のものがあり、
FX取引会社を通して間接的に顧客に提供されています。

FXの税金

FXは取引方法により2種類の課税方法に分かれます。

 

 

 

 

なお、その他の外国為替取引では、
為替差益に対する課税は外貨預金の場合は雑所得(総合課税)、
外貨MMFの場合は非課税となり、
利子に対する課税は外貨預金・外貨MMFとも利子所得
(所得税・地方税合わせて20%の源泉分離課税)となります。

 

 

 

 

店頭取引(相対取引)の場合

 

 

差益・スワップポイントとも雑所得
(累進税率方式である総合課税)(2011年分の所得まで)。

 

 

 

 

投資収益(日経平均先物、商品先物等の先物取引に係る雑所得等)との
損益通算・損失繰越は不可となっています(2011年分の所得まで)。

 

 

 

 

ただし、公的年金等に係る雑所得など
投資収益以外の雑所得との損益通算は可能です(2011年分の所得まで)。

 

 

 

 

※2012年分の所得からは取引所取引と税制が全く同じとなりました。
(所得税15%・道府県民税2%・市町村民税3%の合わせて
20%の比例税率方式の申告分離課税)。

 

他の投資収益(株価指数先物、商品先物等の先物取引に係る雑所得等)との
損益通算や3年間の損失繰越が可能です。

 

 

 

 

取引所取引の場合(くりっく365や大証FXなど)

 

 

差益・スワップポイントとも先物取引に係る雑所得等
(所得税・地方税合わせて20%の申告分離課税)。

 

 

 

 

 

他の投資収益(株価指数先物、商品先物等の先物取引に係る雑所得等)との
損益通算や3年間の損失繰越が可能です。

 

 

 

 

2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間

 

 

所得税額に対し2.1%の復興特別所得税が課せられます。

 

 

 

 

したがって、所得税15%・復興特別所得税0.315%
道府県民税2%・市町村民税3%の合わせて
20.315%の比例税率方式の申告分離課税となります
(2038年以降は、所得税15%・道府県民税2%・市町村民税3%の合わせて20%)。

FXでお金を稼ぐコツ

FXでお金を稼ぐためには、チャートの見方や指標の重要性など、
基本的な知識を学んだ上で、
デモトレードや小額トレードから始めるのが良いでしょう。

 

 

 

 

また、スプレッドなどの手数料を極力抑えることも、
FXお金を稼ぐための要素です。

 

 

 

 

特に頻繁に取引を行うデイトレードでは、
その重要性は高くなります。

 

 

 

 

スプレッドの狭いFX取引会社については、
以下のページを参考にしてください。

 

FX取引会社比較

 

 

 

 

その他にも、状況によって取引を行う通貨ペアを変えたり、
約定スピードの速いFX取引会社を選んだりと、
トレード技術を磨く以外にも、
FXで稼ぐための手段はたくさんあります。

 

 

 

 

なるべく有利な環境を整えてから、
徐々にトレード技術を向上していくのが
地道でありながら、FXで稼ぐための一番の近道です。

FXでお金を稼ぐ記事一覧

FXのメリット

FXの他にも、株式投資や商品先物など、様々な投資がありますが、FXには、他の投資にないメリットがたくさんあります。FXでお金を稼ぐためにも、FXの優位性を理解しておきましょう。

≫続きを読む

 

FXの市場参加者

FXの取引相手は、日本国内にとどまらず、世界中に存在しています。流動性が高いということは、個人投資家以外にも、様々な市場参加者がいるというわけですが、一体どのようなFXプレーヤーがいるのでしょうか?

≫続きを読む

 

FXの相場変動と季節性

FX市場には季節性というものがあります。FX市場にには多数の市場参加者がおり、それらの都合によって、季節ごとに特徴的な動きをするのです。FXチャートをじっくり研究してみると、季節によっての違いがわかってきます。

≫続きを読む

 

FX市場のシェアと日本でのFX取引

FXが24時間取引可能なのは、どの時間帯でも世界中のどこかのFX市場が開いているからです。しかし、時間帯によってはFX市場が活発な時間帯と、閑散とする時間帯があります。基本的にFX取引でお金を稼ぐのであれば、取引が活発な時間帯にトレードするのが好ましいのですが、日本の個人投資家は、この点において非常...

≫続きを読む

 

FXの買いと売り

FXというのは、商品先物などと同じように、買いポジションのとは逆の、売りポジションを建てることができます。株式投資の信用取引なら空売りを行うことができますが、レバレッジが3倍までしかないので、、一般的に、下降相場での株式投資はお金が稼ぎにくい傾向にあります。FXは買いポジションも売りポジションも、制...

≫続きを読む

 

FXチャートとテクニカル分析

私たち個人投資家がFXでお金を稼ぐためには、FXチャートを利用したテクニカル分析が必須になります。FXチャートは有料、無料問わず様々なものがありますが、基本的にはFX取引会社で提供されているFXチャートを利用すれば十分です。どのFX取引会社のFXチャートも、基本的な機能が揃っていおり、以前と比べて高...

≫続きを読む

 

FXとリスク管理

現在、FX人気もあいまって、書店にはたくさんのFX本が並べられ、中には、「FXで1億円達成!」「FXで○○○万円増やした!」というような見出しが目を引く本もたくさん増えています。しかし、誰しもFXでこのようにお金を稼げるわけではなく、中にはFXで無一文になってしまった人もたくさんいます。このような方...

≫続きを読む

 

FXの勝率と利益

FXでお金を稼ぐためには、勝率を上げることが大切だと考えている方がいると思いますが、投資の世界ではあてはならない場合が多いようです。FX初心者によくある失敗が、勝率は高くても、損失を出したときの金額が大きいあまり、トータルでは負けてしまうといったことが上げられます。なぜこういったことが多く起こるので...

≫続きを読む

 

FXの順張りと逆張り

FXに限らず、投資のアプローチ方法には、順張りと逆張りがあります。順張りとは、一定期間同じ方向に動く相場、つまりトレンドに乗ったFX取引を行うことで、利益を出す方法で、トレンドフォローとも言います。逆張りは、その逆で、トレンドに逆らってポジションを建てるアプローチ方法です。この2つは、テクニカル投資...

≫続きを読む

 

FXの裁量トレードとシステムトレード

FXでお金を稼ぐ方法には、裁量トレードとシステムトレードの2つがあります。裁量トレードとは、売買判断や発注など、すべてを自分自身の判断によって行われるFXトレードのことです。対して、システムトレードは、システムトレード用のソフトなどを利用し、あらかじめ売買判断の基準を設定しておくことで、ソフトがその...

≫続きを読む

 

イチオシ情報商材!


トップページ もくじ メルマガ登録&無料プレゼント 情報商材購入特典 相互リンク募集
QLOOKアクセス解析