お得なおすすめクレジットカード比較

お得なおすすめクレジットカード比較

お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得

クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つです。

 

 

契約者の番号やその他の個人情報が記載されています。

 

 

クレジットカード会社が、会員に信用(credit)を供与するという意味で
「クレジット」と名付けられています。


お得なクレジットカードランキング

三井住友デビュープラスカード

お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得 

三井住友デビュープラスカードは三井住友VISAカードの1つであり、安心・信頼の世界ブランドのVISAのクレジットカードです。
 
三井住友デビュープラスカードは学生・新社会人におすすめのクレジットカードで、18歳から25歳の方限定ですが、ポイントが2倍つくのと、年会費が25歳まで無料となっているのが特徴です。

 

インターネットで簡単申し込みが可能で、最短3営業日で発行できます。

 

入会できるのであれば、是非持っておきたいクレジットカードです。

お得度 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得  お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得 お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得
イオンカード(WAON一体型)
お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得 

イオンカード(WAON一体型)は、電子マネー機能(前払い方式)のWAONカードと、クレジットカード機能(後払い方式)のイオンカードの両方を
一枚のカードでご利用いただける一体型のカードです。

イオン系列のお店をよく利用するのであれば、
最適なクレジットカードとなります。

 

イオンカードを利用することで貯まるときめきポイントはWAONや商品と交換することができます。

稼ぎやすさ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得  お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得 お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得
セブンカード
お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得 

セブンカードとは、「アイワイカード」から生まれ変わったクレジットカードです。

イトーヨーカドーでのお買い物特典に加え、セブンイレブンやそごう、西武でのポイントアップなどお得なサービスがいっぱいです。

 

ポイントも1ポイントから利用可能で、面倒な交換手続きもないため、
セブン&アイのお店をよく利用する人には最適なクレジットカードです。

 

 

稼ぎやすさ 使いやすさ 総合評価
お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得  お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得  お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得

クレジットカードとは

クレジットカードは、利用代金を後で支払う後払(ポストペイ)を採用しています。

 

 

 

 

このため、前払のプリペイドカードや即時払のデビットカードと異なり
入会に際して審査が行われるのが一般的です。

 

 

 

 

クレジットカードには、磁気ストライプによるものとICによるものがあり、
ICで決済が行われた場合は、署名に代えて暗証番号の入力を行う事で決済を行う事も出来ます。

 

 

 

 

クレジットカードは、利用できる加盟店で、
商品の購入に際しクレジットカードを提示すると、
いったんクレジットカード会社が加盟店への支払いを肩代わりし、
後でカード利用者へ代金を請求するという仕組みになっています。

 

 

 

 

実際にクレジットカードでショッピングを行った場合を例にすると、
以下のような流れになります。

 

 

 

 

お金,稼ぐ,クレジットカード,比較,お得

 

 

 

 

1:クレジットカード利用者は、カード加盟店でクレジットカードを提示する。

 

2:クレジットカード加盟店は、商品・サービスを、カード利用者へ提供する。

 

3:クレジットカード加盟店は、
商品・サービス代金の伝票を加盟店管理会社(アクワイアラー)へ回す。

 

4:加盟店管理会社は、商品・サービス代金から加盟店手数料を差し引いた金額を
クレジットカード加盟店へ一括で支払う。

 

5:加盟店管理会社は、取引情報を処理センターへ送る。

 

6:処理センターは、取引情報をカード発行会社(イシュアー)へ送る。

 

7:クレジットカード発行会社は、
手数料を上乗せして商品・サービス代金をカード利用者へ請求する。

 

8:クレジットカード利用者は、商品・サービス代金をカード発行会社へ支払う。

 

9:クレジットカード発行会社は、
商品・サービス代金からカード利用者紹介手数料を差し引いた金額を加盟店管理会社へ支払う。

 

 

 

 

クレジットカードの利用にあたってはクレジットカード発行会社へ信用照会が行われます。

 

 

 

 

ここで承認が降りない場合(期限が切れている、限度額を超えている、支払いが遅れている等)、
クレジットカードを使用することはできません。

 

 

 

 

米国や日本などでは、基本的にカード払い(但し1回払)でも現金払いでも
クレジットカード利用者への請求額は同額ですが、
イギリス、デンマーク、スウェーデン、オランダ、オーストラリアなどでは
カード取扱手数料(サーチャージ)の加算請求が認められています。

 

 

 

 

クレジットカードを入手する為には、
申込を行い審査を受ける必要があります。

 

 

 

 

審査の基準はクレジットカードの種類や取扱会社によって異なりますが、
特に信用情報(クレジットヒストリー)が非常に重要となります。

 

 

 

 

そのため、現金を多く持っていてもクレジットヒストリーが無い、
あるいは返済状況が悪ければ、クレジットカードの取得は困難となります。

 

 

 

 

そのため、まずは与信を行わないデビットカード(チェックカードと呼ばれることもある)で
ある程度クレジットヒストリーを築いた後、クレジットカードを取得することをおすすめします。

クレジットカードの国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドには、以下のような種類があります。

 

 

 

 

VISA

 

 

VISAの公式名は、ValueIssureServiceArea。

 

 

 

 

各国地域の市場ニーズに合わせた貨幣価値を国際決済サービスを提供しています。

 

 

 

 

世界通貨を意味し、これが公式名称となっています。

 

 

 

 

古いVISAのロゴマークに配色されている青と金は、
バンク・オブ・アメリカが設立されたルーツである
カリフォルニア州の青い空と金色の丘を意味していています。

 

 

 

 

VISAのロゴマークは小売店などでカードを受け入れる表示として広く使われてきました。

 

 

 

 

ヨーロッパ、とくにフランスなどではVISAのロゴマークが表示されていても
ローカルなカードしか受け入れない小売店も多くありました。

 

 

 

 

2005年春から、今まで親しまれてきた古いVISA旗マークから、
新たに発行されているカードやVISAのサイト、
小売店の掲示などで見られる新しいタイプのVISAマークに替えています。

 

 

 

 

トレードマークである「旗」を変更するのはこれが初めてであり、
カードや店頭に表示されている新しいロゴはシンプルなデザインになりました。

 

 

 

 

白地の背景の上に、オレンジ色のVではじまり、あとは青色の文字で示されています。

 

 

 

 

また1984年から、今ではすっかり当たり前となっていますが、
世界中のVISAカードはカード番号下4桁の箇所に
特徴的な鳩のマークが施されたホログラム入りのカードに変更されました。

 

 

 

 

これは偽造防止など、セキュリティ対策のために実施されたものです。

 

 

 

 

本物のクレジットカードのホログラムならば3次元に見えます。

 

 

 

 

ホログラムの対策が実行されるとVISAのロゴマークも右になりホログラムと並列になっています。

 

 

 

 

なお、ゴールドカード向けに、金色のホログラムシールも提供されています。

 

 

 

 

クレジットカードの外観は制限はあるが発行会社のカスタマイズを2005年3月から許しています。

 

 

 

 

これは同年秋からのマスターカードにおいても同様です。

 

 

 

 

大部分のVISAカードは更なる偽造変造防止対策のセキュリティとして
紫外線の下でも鳩マークとVISAマークが浮かび上がるようにしています。

 

 

 

 

2005年の新基準ではホログラムをカード裏面の磁気ストライプ上の
貼付けホロマグネットストライプ(通称ホロマグ)のいずれかに変更となりました。

 

 

 

 

しかし、当時は2005年から5年以内に表面にホログラムを表示させることを目的にしていましたが、
未だにクレジットカード会社によっては従来通りのカードもあります。

 

 

 

 

この方式を採用するかはカード発行会社によって決めらてはいませんが、
POSレジスターが旧式であるのとカード会社のわがままが
ホロマグネットストライプを後退させました。

 

 

 

 

代わりに、ホログラムはクレジットカード裏面に表示されるようになりました。

 

 

 

 

ホロマグの欠点は、通常の磁気ストライプに比べ
加盟店の旧式POSレジで読み取れないことです。

 

 

 

 

なお、ANA VISAカードやVISAデビットは
当初ホロマグタイプのカードで発行されましたが、
VISAからの加盟店教育を無視した加盟店のわがままが、
後には普通の磁気ストライプと裏面のホログラムの組合せに切り替わっています。

 

 

 

 

VISAは世界的にはMasterCardと並ぶ2大ブランドですが、
日本においてはJCBに遅れをとっていて、現在もJCBに次ぐシェアは2位となっています。

 

 

 

 

当初は住友クレジットサービス(現在の三井住友カード)をはじめとする
VISAジャパン協会(現在のVJA)のみがカード発行及び加盟店の開拓を行っていましたが、
1987年のスペシャルライセンシー制導入後は
VJ協以外の銀行系や信販系・流通系等の多くの企業と提携を行っています。

 

 

 

 

MasterCard

 

 

世界的にはVISAと並ぶ2大ブランドの1つです。

 

 

 

 

EMV仕様の先駆けの「Euro Card」と提携から始まり、
2002年7月にドイツ・フランクフルトで統合
(USA商品開発本社とEU本社に分かれる)しているため、
ヨーロッパ圏などで強いと言われていましたが、
現在では両陣営に同時加盟しているカード会社が加盟店開拓を行う事が多く、
VISAが使える店舗ではMasterCardも使える為に、どちらも大きな差はありません。

 

 

 

 

日本においては、VISAが原則として直接加盟を認めていない
非銀行系のクレジットカード会社へのブランド供与、
CM攻勢などを積極的に推進する事によって勢力拡大を図っているようです。

 

 

 

 

American Express

 

 

「Amex」(アメックス)の通称でも知られているクレジットカードです。

 

 

 

 

アメリカホテル組合会社が発行権を買収して現在に至ります。

 

 

 

 

クレジットカードのグレードに合わせ用意された豊富なサービスが特徴です。

 

 

 

 

「ゴールドカード」や「プラチナカード」、
「ブラックカード(正式名称は「センチュリオン」)」の元祖といわれています。

 

 

 

 

また、自社発行のクレジットカードにグレードに応じた利用限度額を設定していません。

 

 

 

 

実質の限度額を増やす条件には、支払い実績を作るか、
資産の裏付けに応じること等があげられます。

 

 

 

自社でクレジットカード発行を行うとともに、
日本ではMUFGカード、クレディセゾンに、
香港ではイオンクレジットサービスの現地法人に対してもライセンス供与を行っています。

 

 

 

 

ローマ兵士のカードフェイスでも知られています。

 

 

 

 

日本国内では自社加盟店の他、提携先のJCBの加盟店でも使用できるために、
日本国内における利用可能店舗数は上記の2社にほぼ並びます。

 

 

 

 

クレジットカードの中ではダイナースクラブと1、2位を争う高いブランドイメージを有しており、
アメリカ系とアメリカ系列ホテル業界を中心に、
マイナー地域の航空券やアメリカ系とアメリカ系列ホテルの手配を
全プロパーのクレジットカードで請け負っています。

 

 

 

 

アメリカ系とアメリカ系列高級ホテル宿泊時に独自サービスの提供を受けられる他、
レストランの予約の代行を行っています(ゴールドカード以上)。

 

 

 

 

アメリカで発行されるグリーンカード、ゴールドカード、プラチナカードは、
チャージカードと呼ばれるもので、
毎月の利用額を月ごとに全額払う短期のローン(無利子)です(マンスリークリア、一括払い)。

 

 

 

 

手続きをしない限り、残高の翌月持ち越し(1ヶ月以上の長期ローン)や分割払いはありません。

 

 

 

 

チャージカードとは別にクレジットカード(リボルビング払い用カード)も発行してます。

 

 

 

 

クレジットカード紛失時、支店の存在する国であれば、
どの国で発行されたカードであってもほぼ翌日に再発行されるなど、
普段の使い勝手とともに旅行や出張時のサービスに重点をおいているのが特徴です。

 

 

 

 

こうしたことから、「海外旅行に強い」といったイメージが今日まで続いています。

 

 

 

 

なお、プロパーカードのデザインは世界共通であり、
旅行中の紛失や盗難に際して各国の現地でカード発行が可能であるため、
上記のように受け取るまでの時間が他の提携型カードに比べ短い上、
一部のクレジットカードに見られるように、帰国後に本カードに切り替えする必要もありません。

 

 

 

 

最も年会費の安いアメリカン・エキスプレス・カードから、
招待者のみ入会が可能なセンチュリオン・カードに至るまで、
他のクレジットカードにはないような豊富な会員向けサービスがあります。

 

 

 

 

また、そのサービスの多くが高額利用者である富裕層および準富裕層、
フリークエント・トラベラーのニーズから生まれたものであり、
いくつかのサービスは導入後に多くの競合他社から模倣されていますが、
コスト面や社員のスキル、企業規模など様々な理由から模倣できないものも多くあります。

 

 

 

 

また、基本的なサービス面においても限度額を公開せず、
顧客からの問い合わせには利用目安のみ回答するなど
日本国内の一般的なクレジットカードと異なる訴求方法を取っています。

 

 

 

 

さらにクレジットード機能としては一般的な分割払いやフレックス払い(リボ払い)、
キャッシングに至るまで、入会後6か月を経過して初めて利用可能となるなど
個々の顧客に併せたサービスを提供しています。

 

 

 

 

JCB

 

 

日本発の国際ブランドであり、ま
た中国銀聯登場までは長らく世界で唯一米国系ではない国際ブランドでした。

 

 

 

 

アジア各国を中心に加盟店を増やし、
韓国や台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイなどでは
VISAやMasterCard並みの加盟店があります。

 

 

 

 

また米国などでは加盟店開拓業務でAmerican Expressとの提携を行っています。

 

 

 

 

ただし完全な相互開放ではない(加盟店側がオプションとして選択する形式)ので、
加えて後述のDISCOVERとの相互開放提携を行っています。

 

 

 

 

日本最大のクレジットカード会社のため日本での利用店舗数は最大規模を誇り、
地方にカードはJCBしか使えない店も散在しています。

 

 

 

 

日本では自社およびJCBグループ(フランチャイズ)以外のカード会社にも
ライセンス供与(加盟店開放・ブランド発行会社)を行い、
提携先を通じたクレジットカード発行も行われています。

 

 

 

 

これらのクレジットカードも含め、2007年現在は日本でトップのシェアがあります。

 

 

 

 

Diners Club(ダイナーズクラブ)

 

 

「世界で最初に登場した」とされる汎用型のクレジットカードです。

 

 

 

 

殆どの自社発行カードの利用限度額には一律に制限を設定していません。

 

 

 

 

また、ゴールドカード以下のグレードに値するカードは発行しておらず、
入会時には高い属性が要求されます。

 

 

 

 

年齢33歳以上、勤続10年以上の役職者または自営10年以上、
自家保有と公表されていました。

 

 

 

 

しかしながら公表されていた入会基準はあくまで目安であり、
絶対的なものではありません。

 

 

 

 

医師・弁護士・公認会計士などの有資格者や勤務先企業の業種、規模によっては
条件を満たしていなくても発行されるケースがあるようです。

 

 

 

 

ダイナーズクラブは社会的地位の高い職種を
最も優遇するカードでクレジットステータスが高いブランドの1つと言われるゆえんです。

 

 

 

 

長きにわたり独立系で加盟店は少なかったのですが、近年シティグループに属したことで、
米国・カナダにおいてMasterCardとの提携が実現、
また日本においてはJCBと加盟店開放契約
(Amexと同様、完全開放ではなくオプション扱い)を締結、
北米地域・日本における利用可能店は急速に拡大しています。

 

 

 

 

2008年4月、シティグループは(経営不振により)傘下の
ダイナースクラブ・インターナショナルをディスカバー・フィナンシャル・サービシスに売却し、
ディスカバーの傘下となりました。

 

 

 

 

DISCOVER

 

 

アメリカ発、カード会員5千万人、加盟店4百万店以上のクレジットカードブランドです。

 

 

 

 

大半の加盟店はアメリカですが、
一部カナダ、メキシコ、コスタリカ、ミクロネシア、マーシャル諸島や
カリブ海の諸国で加盟店開拓をしています。

 

 

 

 

またJCB及び中国銀聯と加盟店を相互開放しており、
日本、中華人民共和国、シンガポール、タイ、韓国などアジア地域での
利用可能店を急速に拡大しています。

 

 

 

 

2011年現在、日本国内の会社から発行されていない唯一の国際ブランドです。

 

 

 

 

中国銀聯

 

 

中華人民共和国(中国)を中心に広がっている決済ネットワークシステムです。

 

 

 

 

国際表記は「China UnionPay」(ロゴ上では「UnionPay」)。

 

 

 

 

クレジットカードとデビットカードの二種類があります。

 

 

 

 

中国以外にもアメリカ合衆国、日本、シンガポール、韓国、タイ、ドイツ、
フランス、オーストラリアなど約20カ国で利用できます。

 

 

 

 

前述のディスカバーカードと加盟店の相互開放を行っています。

 

 

 

 

銀行によってはVISA/MasterCard/JCBとの複合タイプも発行されているため、
それらについては当該ブランド加盟店での利用も可能です。

クレジットカードの限度額や支払い方法

通常、使用者の属性に応じてクレジットカードごとに利用限度額が定められており、
日本では一般カードで5万〜50万円、
利用実績などによっては50万円超〜100万円程度、
富裕層を対象としたゴールドカードでは50万〜300万円程度となっており、
属性や利用実績などによって開きがあります。

 

 

 

 

諸外国のカード会社では、
限度額を月給のX倍相当額迄などと設定しているケースもあります。

 

 

 

 

利用限度額と未払い債務(未請求の債務を含む)額の差が、
その時点でのクレジットカードによる立替払いが可能となる金額となります。

 

 

 

 

クレジットカードによって異なりますが、
小額なら利用限度額を超える利用ができる場合もあります。

 

 

 

 

なお、事前の利用限度額を設けないとしているカードもありますが、
カード会社側では実際は規定の限度額(与信枠)を管理しており、
多額の利用をしようとすると承認が求められます。

 

 

 

 

なおコールセンター等に利用限度額を上げるように申請すると、
改めて審査が行われて利用限度額が増えることもあります。

 

 

 

 

このことを与信枠を増やす事から、「増枠」と呼ぶことがあります。

 

 

 

 

また、海外旅行に行く場合や、国内であっても大きな買い物をする場合
(一例としてはリフォーム費用、自動車修理費用など)、
一時的に利用限度額を上げてもらうこともできます
(申し込みの際は用途や期間を聞かれることが多い)。

 

 

 

 

これは「臨時増枠」、「一時増枠」などと呼ばれる。

 

 

 

 

なお、一部のカードでは目的別(店舗別)に複数の限度額が設定されている場合があります。

 

 

 

 

過去には国際ブランドと提携したばかりのハウスカード(ハウスカードについては後述)で、
自社店舗利用分と国際ブランドでの利用が分かれていたものも多くありました。

 

 

 

 

現在では決済システムの統合のために殆どなくなっています。

 

 

 

 

またクレジットカードにはさまざまな支払い方法が用意されています。

 

 

 

 

一括払い

 

 

その名の通り、必要額を1回で支払ってしまう方法です。

 

 

 

 

一括払い専用のカードは、「チャージカード」と呼ばれます。

 

 

 

 

初期に生まれたクレジットカードは、一括払いしか選択できませんでした。

 

 

 

 

分割払い

 

 

手数料がかからない2回分割払いと、
3〜36回程度の分割払い
(アドオン払い:利用額に利率を掛け、その総額を分割払いする方法)があります。

 

 

 

 

高額商品を購入するときに有用な支払い方法でありますが、
クレジットカードが対応していても、店舗によっては取り扱えない場合もあります。

 

 

 

 

リボルビング払い(リボ払い)

 

 

毎月決められた一定金額を支払う方法です。

 

 

 

 

買い増ししても毎月の支払い金額が変わらないのが特徴で、
その代わり支払い回数が増えていきます。

 

 

 

 

加盟店が消極的なことがあるため普及していませんが、
逆にカード発行会社では増収を期待して、
利用者向けにキャンペーンなどで奨励する傾向があります。

 

 

 

 

また、店舗で一括払いと指定しても、
支払いは全てリボ払いとなる「リボ専用カード」や、
後日、ウェブや電話連絡によってリボ払いへ転換できるものもあります。

 

 

 

 

ボーナス払い

 

 

ボーナスが支給される月に支払う方法です。

 

 

 

 

ボーナス一括払いであれば最長6ヵ月、
ボーナス2回払いであれば最長1年間も支払い猶予期間があります。

 

 

 

 

なお、ボーナス払いを指定できる期間は決まっているので注意が必要です。
(ボーナス時期の直近はボーナス払いができないなど)。

 

 

 

 

フレックス払い

 

 

フレックス払いはリボ払いの一種ですが、
クレジットカード会社が定める最低の金額以上であれば返済額を自由に定めることができます。

 

 

 

 

リボ払いに柔軟さが加わったと考えると分かりやすい。

 

 

 

 

前払い方式

 

 

プリペイドカード方式のクレジットカードで、
性質的には前払い式電子マネーに近いものです。

 

 

 

 

一般的には使い捨てのギフト用プリペイドカードとして販売されています。

 

 

 

 

日本ではギフト用としては発行されておらず、
海外旅行用やネット決済用として発行されています。

 

 

 

 

使用代金の支払サイト(締め日から引き落とし日までの期間)は、
クレジットカードの種類や発行会社によって異なるが、
月末締め翌月27日引き落としや、15日締め翌月10日引き落としなどの形があります。

 

 

 

 

会社によっては(あるいはカードによっては)複数の支払日から選択可能な会社もある。

 

 

 

 

日本以外の国では、アドオン払いまたはリボルビング払いがあるものをクレジットカードとし、
毎月の利用額を月ごとに全額払う(一括払い)カードをチャージカードと呼んで、
クレジットカードと区別することがある。

 

 

 

 

アメリカにおけるアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブの主要カードは、チャージカードである。

 

 

 

 

チャージカードにおいては、利息ではなく、加盟店からの手数料、
カード利用者からの会費や手数料(外国為替手数料など)、
付帯サービス(旅行代理店業など)の売上などから利益を得ている。

クレジットカードのグレード

クレジットカードのグレード分類は、
日本においてはアメリカン・エキスプレスが行っている4段階分類を元に、
他社のクレジットカードを位置づける場合が多いため、ここではその分類に従います。

 

 

 

 

ただしシティカードジャパンが発行するダイナースクラブカードは
一般カードが他社ゴールドカードと同等かそれ以上のサービスと利用限度額を設定しています。

 

 

 

 

限度額、年会費などについては日本国内発行におけるものです。

 

 

 

 

一般カード

 

 

ラインナップの中では最も基本的なクレジットカードです。

 

 

 

 

利用限度額は利用期間にもよりますが50〜100万円程度まで上がるため、
通常の買物といった目的であれば十分な決済機能を備えています。

 

 

 

 

通常このグレードのカードの年会費は1000円程度、
または無料で発行しているものも多いです。

 

 

 

 

カード発行会社によって「クラシックカード」「ベーシック」などの名称があります。

 

 

 

 

また、一般カードより年会費がやや高目(2000〜3000円程度)で、
保険やサービスが充実したグレードのカードもあります。

 

 

 

 

利用限度額は通常の一般カードと同じである場合が多いため、
一般カードとほぼ同グレードに位置付けされます。

 

 

 

 

日本では、三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や
「三井住友VISAエグゼクティブカード」、クレディセゾンの「UCカードセレクト」などがあります。

 

 

 

 

ゴールドカード

 

 

さらに多くのサービスが付加されるグレードです。

 

 

 

 

利用限度額は一般カードより高めに設定されており、
初期与信で概ね50万円〜100万円程度です。

 

 

 

 

発行会社によっては500万円という与信を与える場合もあります。

 

 

 

 

空港での有料ラウンジの無料利用やカード会社によるホテルや
娯楽施設の案内・予約代行等のサービスを利用できます。

 

 

 

 

家族カードも1枚目は無料といったところが多く、
旅行保険やロードサービスが無料といった特典がつくものが多いです。

 

 

 

 

クレジットカードによって若干異なりますが、概ね次の様なサービスが受けられます。

 

 

 

 

一般カードより高額の保険補償額
ゴールド会員専用デスク
日本や海外の空港ラウンジの無料利用
ホテルや航空券、劇場などの各種手配
医師・看護師・保健師などへの無料電話相談
ゴールド会員専用会報誌(一部の無料提携カードの場合は有料)

 

 

 

 

年会費は5000〜12000円程度(Amexを除く)。

 

 

 

 

また、収入が少なく信用度が低い20代向けの「ヤングゴールドカード」や
年会費2000〜3000円ほどの格安ゴールドカードもあります。

 

 

 

 

これらのゴールドカードは、概ね一般カード、又はこれより少し上という程度のサービスです。

 

 

 

 

審査の難易度も一般カードと大差はありません。

 

 

 

 

プラチナカード

 

 

ゴールドカードの特典をさらに拡大したランク付けのクレジットカードです。

 

 

 

 

このグレードのクレジットカードは発行会社が優良顧客に対して
特別に付与するという位置付けである場合が多いです。

 

 

 

 

なお、旅行やレジャーといった趣味のために使うことが前提であり
(トラベル&エンターテイメントを略してT&Eカードと呼ぶ)、
そのための付加サービスや保険等がゴールドカード以上に充実しており、
電話受付によるデスクサービスは概ね24時間受付となっています。

 

 

 

 

ゴールドカードで利用することが可能な空港ラウンジの使用料無料はもちろんのこと、
加盟する90カ国を超える国々における500を超える空港ラウンジが無料で利用できる
プライオリティ・パスが発行されるものが多いです(要申し込みの場合があります)。

 

 

 

 

サービスの一例としてアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのサービスは
以下のとおりとなっています。

 

 

 

 

もちろん、提供されるサービスは各クレジットカード会社や
クレジットカードの種類によって大きく異なります。

 

 

 

 

日本や海外の空港ラウンジの利用(プライオリティ・パス(Priority Pass)が発行されることが多い)
一部のホテルや航空会社、レンタカーの上級会員資格の自動付与
一部のホテルや航空会社における、空室、空席がある時の無償アップグレード
会員限定のイベントやファッションショーなどの招待(抽選や一部有償)
会員専用(もしくはより上級カードと共用の)会報誌
会員専用のウェブサイト
会員専用のテレホン・コンシェルジュサービス
コンシェルジュ・デスクによるホテルや航空券、レストランや劇場などの各種手配
日本や海外のゴルフ場の予約手配
クレジットカードで購入した商品の返品を万一購入店が受け付けない場合の、
クレジットカード会社による商品払い戻しサービス
クレジットカードで購入した殆どの商品について、
破損や盗難などの損害を補償するサービス
提携デパートでの買い物時の駐車場無料サービス
クレジットカードデスクを通じて航空券を購入した際の空港までの定額タクシーの手配
空港における無料ポーターサービス

空港からの無料手荷物宅配サービス
複数のクレジットカードや家族カードの無料発行
ポイント優遇サービス
ゴールド・カードより高額の保険補償額

 

 

 

 

ブラックカード

 

 

一般からは申し込みが出来ず、クレジットカード会社からの招待による場合が多いため、
特別に付与するという位置付けです。

 

 

 

 

カード会社の判断でバインダーなどが送付されその中に入っている
インビテーションの案内状からクレジットカード会社に連絡をすると
使用可能になるといったものが多いようです。

 

 

 

 

券面の色が黒であるため、俗に「ブラックカード」と呼ばれます。

 

 

 

 

年会費も下位グレードのクレジットカードに比べて高いですが、
利用限度額が比較的高額に設定される上、充実した旅行保険や、
24時間対応の更にきめ細やかなコンシェルジュサービスが特徴です。

クレジットカードの利点やお得な使い方

クレジットカードを利用すると、様々な利点があります。

 

 

 

 

ポイントによるキャッシュバックサービス

 

 

クレジットカードには、ショッピングなどでカード利用することでポイントが貯まるものがあります。

 

 

 

 

貯まったポイントは商品券や図書カードなどに交換することができるため、
現金で支払うよりもクレジットカードを利用したほうがお得です。

 

 

 

 

特にマイラーと呼ばれる、航空会社のポイントサービスを積極的に利用している方々は、
マイルが多く貯まるクレジットカードを持つことが必須となっています。

 

 

 

 

ポイントには使用期限が決まっているものもありますが、
使用期限がないポイントサービスを実施しているクレジットカードもあります。

 

 

 

 

現金を持つ必要がない

 

 

クレジットカードを利用することで、現金による支払いが少なくなるため、
多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。

 

 

 

 

これはセキュリティの観点からも有効であり、
また支払いをする上でカード1枚で住むという利便性からも有効です。

 

 

 

 

クレジットカードの利用の際には、サインが必要となりますが、
スーパーなどでの食品や日用品の購入には、
サインが不要となる場合も多いです。

 

 

 

 

クレジットカードに付帯されている優待サービス

 

 

クレジットカードにはカード自体に空港のラウンジが無料で利用できるなどの
優待サービスが付帯されているものがあります。

 

 

 

 

そのほか特定の店舗でクレジットカードを利用することで
優待や割引サービスを受けられるものもありますので、
自分のライフスタイルにあったクレジットカードを持つことでお得な生活を味わうことができます。

 

 

 

 

紛失や盗難に対するセキュリティ

 

 

クレジットカードを持つことに躊躇する方の意見として、
「クレジットカードを紛失したときに悪用される危険性がある」
というものがありますが、
多額の現金を持ち歩くよりはクレジットカードを持っていたほうが、
セキュリティの観点から言って有効といえます。

 

 

 

 

現金の場合は、紛失や盗難にあった場合、
戻ってくる可能性はありませんが、
クレジットカードならば、サポートセンターに連絡をし、
利用停止の申請を行えば、悪用されることはありません。

 

 

 

 

そもそもクレジットカードを利用する際には、
パスワードの入力やサインが必要になるため、
思ったよりもセキュリティはしっかりしています。

 

 

 

 

傷害保険やシ盗難保険などの保険制度

 

 

クレジットカードには、海外旅行の傷害保険やショッピングの盗難保険などの
保険制度が付帯しているものもあります。

 

 

 

 

特に海外旅行に頻繁に行く人は、
クレジットカードは1枚は持っておくことをおすすめします。

 

 

 

 

資金管理が楽

 

 

クレジットカードを持ってしまうと、金銭感覚が狂ってしまいそうで怖いという意見がありますが、
うまく利用すると資金管理が楽になります。

 

 

 

 

現在では公共料金や病院での支払いも、
クレジットカードが利用できるため、
すべての支払いをクレジットカードで行うことも可能です。

 

 

 

 

クレジットカードを利用すると、毎月、利用明細書がクレジットカード会社から送られてくるため、
家計簿をつけなくても毎月の出費が確認できます。

 

 

 

 

またインターネットから、利用額の確認もできる場合も多いです。

 

 

 

 

金利なしで実質的な借金が可能

 

 

クレジットカードは一括払いや2回払いの場合は、
金利手数料はかかりません。

 

 

 

 

支払いは後日になるため、
金利なしで実質的な借金が可能となります。

 

 

 

 

一時的にお金がなくても商品やサービスの購入ができるため便利です。

 

 

 

 

ただし、クレジットカードの利用は計画的に行いましょう。

 

 

 

 

信用枠の増加

 

 

キャッシングも同様ですが、クレジットカードを利用し、
支払日にきちんと返済することで信用枠の増加につながります。

 

 

 

 

信用情報は日本信用情報機構などの信用情報機関に登録されるため、
延滞もなく、長い期間クレジットカードを利用いれば、
新たにクレジットカードを発行する際も、審査に通過しやすくなります。

 

 

 

 

これは、ゴールドカードなど、
上位グレードのクレジットカードを発行する際も同様です。

 

 

 

 

急にクレジットカードが必要になっても、
信用実績がないと審査に通過するとは限りませんので、
普段から少しずつでも利用していくことをおすすめします。

 

 

 

 

インターネット通信販売での利用

 

 

現在では、アマゾンや楽天など、
インターネットによる通信販売も珍しくはなくなりました。

 

 

 

 

インターネット通販での支払い方法は、
銀行振り込みや代金引換を選択することもできますが、
クレジットカードによる支払いが圧倒的に便利です。

 

 

 

 

また、銀行振込の場合、振込手数料がかかりますし、
代金引換の場合、代引き手数料がかかるためお得とはいえません。

 

 

 

 

クレジットカードがないと利用できないサイトも少なくないので、
やはり1枚は持っておきたいものです。

 

 

 

 

 

クレジットカードを作ってみよう

クレジットカードを利用すれば、ポイントやマイルを貯めたり、
お得なサービスを受けることが出来ます。

 

 

 

 

年会費無料のクレジットカードもたくさんあるので、
発行に際してお金を掛ける必要はありません。

 

 

 

 

自分が使いやすいクレジットカードを作ってみましょう。

お得なおすすめクレジットカード比較記事一覧

三井住友デビュープラスカード

三井住友デビュープラスカードは三井住友VISAカードの1つであり、安心・信頼の世界ブランドのVISAのクレジットカードです。三井住友デビュープラスカードは学生・新社会人におすすめのクレジットカードで、18歳から25歳の方限定ですが、ポイントが2倍つくのと、年会費が25歳まで無料となっているのが特徴で...

≫続きを読む

 

JCB LINDAカード

JCB LINDAカードは女性が「キレイ」を楽しみながら自分らしく素敵な毎日を過ごせるように、「キレイ」を全力でサポートするクレジットカードです。女性に嬉しいサービスやサポートが整っているので、女性からの人気が高いクレジットカードとなっています。

≫続きを読む

 

セブンカード

セブンカードとは、「アイワイカード」から生まれ変わったクレジットカードです。イトーヨーカドーでのお買い物特典に加え、セブンイレブンやそごう、西武でのポイントアップなどお得なサービスがいっぱいです。

≫続きを読む

 

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)は、電子マネー機能(前払い方式)のWAONカードと、クレジットカード機能(後払い方式)のイオンカードの両方を一枚のカードでご利用いただける一体型のカードです。イオン系列のお店をよく利用するのであれば、最適なクレジットカードとなります。

≫続きを読む

 

P-one FLEXYカード

P-one FLEXYカードは、請求時に自動で1%OFFになり、ポイント付与率も業界最高水準のクレジットカードです。年会費は永年無料なので、とりあえず作っておきたいカードといえます。

≫続きを読む

 

ANA JCBカード

ANA JCBカードは、その名のとおり、ANAのマイルがたまるクレジットカードです。ANAカードとJCBカードが合わさることで、機能も2倍になっています。

≫続きを読む

 

イチオシ情報商材!


トップページ もくじ メルマガ登録&無料プレゼント 情報商材購入特典 相互リンク募集
QLOOKアクセス解析